路面電車

2011/01/29

【0348】石井杏奈さん「路面電車に乗れば」全軌協もサポート

先週から、美しいお嬢さんのポスターが沿線に出ています。

M001
2011年1月 細井川

路面電車で行こうよ と呼びかけるポスター、ロケ地は広島電鉄でしょう。石井杏奈さんというアーチストのセカンドシングルのPRという事ですが、「協力:全国路面軌道連絡協議会」という文字もあります。
気になって調べますと、石井杏奈さんはアクターズ広島出身。16歳にしてUSENインディーズチャート1位という素晴らしい実績を持つアーチストでありました。

広島県観光連盟様サイト>広島電鉄株式会社, 新着ニュース, 株式会社テレビ新広島>石井杏奈 2nd Single「路面電車に乗れば」

http://www.kanko-hiroshima.or.jp/2010/08/20/%E7%9F%B3%E4%BA%95%E6%9D%8F%E5%A5%88-2nd-single%E3%80%8C%E8%B7%AF%E9%9D%A2%E9%9B%BB%E8%BB%8A%E3%81%AB%E4%B9%97%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%80%8D/

M002

路面電車のやさしさが伝わってくる曲だと思います。サイトではPVも紹介されており、これまた素晴らしい構成になっています。地元を大切に、素直に育ったんだなぁという印象。ああ広島が羨ましい(^^;。
阪堺沿線の多くの方にご覧いただきたい、そして買ってあげて欲しい曲だと思います。一見すれば、多言は無用でしょう。

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

2010/12/23

【0300】MOMO ワイン電車に乗車して ~岡山大会(4)~

大会前夜には、NPO法人 公共の交通ラクダ様の主催による臨時「ワイン電車」が運転され、私達メンバーも乗車させていただきました。写真主体に。

O101
2010年11月 岡山駅前
車両はご存知 MOMO 9200形です。いよいよ第2編成が具体化したそうです

O102
2010年11月 岡山駅前
発車前のテープカット 右端が国土交通省松谷審議官 ワーキングの活動は以前からご存知であったとお話くださいました(^^;。

O103
2010年11月 車庫
LEDで彩られた車内

O104
2010年11月 岡山駅前
外から見るとこんな感じ 慣れているはずの地元の方からも、多数の視線が注がれていました。

O105 
2010年11月 岡山駅前
実においしかったです(^^) ほぼ毎回満席だと伺っています

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

2010/10/26

【0247】「鉄道ファン」誌:日本の超低床路面電車 連載5回目

【0123】からお伝えしております交友社発行の月刊「鉄道ファン」誌の好評連載、12月号(通巻596号)では広島電鉄5000形(グリーンムーバー)と、名古屋鉄道から福井鉄道、豊橋鉄道に転じたモ800形が登場。いろいろな意味で本邦の路面電車界に大きな足跡と印象を残した2形式について、今回も豊富な写真と的確な文章で紹介されています。
連載は今月で早くも5回目となりました。まとめて見ると、資料性の高さを実感していただける事と思います。

交友社様サイト>鉄道ファン>2010年12月号
特集:現役国鉄形2011
http://railf.jp/magazine/2010/596.html

余談ながらPOST欄では、9月に趣味団体の方で貸切(【0208】参照)を実施いたしました阪堺166号の写真も掲載いただいております。こちらもご覧いただけますと幸いです(^^;。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (1)

2010/10/06

【0227】東京都電 新車搬入に遭遇!

3日の夜は在京の読者の方々と一献させていただきました。
エエ機嫌で王子の街を歩いてますと、なにやら巨大な車列に遭遇しました!!!

N001
え? 今のんナニ?
深酒でトランス状態になったのかと焦りましたが(^^;;・・・

N002
続いてもう一台来ました。どうやら現実のようです。

追いかける事しばし、信号待ちで撮影に成功しました。

N003
N004
(2010年10月 都内北区)
都電8800形の新車搬入でした。車番は確認できませんでしたが、8806号と8807号になるのでしょう。この2両は間違いなく国内最新の路面電車です。
いいものに遭遇できました。吉兆でしょうか(^^)。
いずれは大道筋でも、このようなシーンに遭える事を期待しつつ帰阪の途についた次第です。

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0225】都電沿線でみた参考事例~荒川線の日(3)

D001
会場には地元の商店、グループの方々も出展されていました。

D002
都電をモチーフとした商品も多彩。いろんな魅力が電車にはあるようです。

D003
地元周辺の観光案内 多くの人が手にとっていました。

D004
荒川線沿線ウォークラリー。検索すると興味深い話題がたくさん出てきます。まだまだ発展の可能性があるイベントのようです。

D005
これは7月の上京時、大塚駅付近にて見つけたもの。

D006
環境定期券の案内。

D007
周辺案内と一体になった電停掲示。使いやすそうです。

路面電車の特性を生かした可能性を考える時、移動手段、観光ツール、まち興し、環境、福祉等の様々な観点が挙げられますが、どれか一つを強調するあまり、他の特性を必要以上に否定してしまう意見が出てくるケースも生じるようで、阪堺電車の活性化に関しても、時に同様の傾向があるように感じています。
100年も走っている電車を一つや二つの観点だけで捉えてしまう事の無意味さは、冷静に考えれば容易に気付く事ができるだろうとは思いますが、多少の先入観を持ちつつ身近にあるものに対しては、なかなかそうも行かないのかも知れません。
そんな先入観が消えなくて・・・と悩んでおられる方には、是非一度、荒川線を見てきていただきたいと思います。沿線では様々な視点からのアプローチが、極めて自然な形で同居しています。できれば休日の午後と、一泊して平日の午前くらいまで、沿線をウロウロしてもらえれば、と思います。

荒川線の前身である王子電車、最初の区間(飛鳥山- 大塚)は1911年の開業で、見事に阪堺線と同じです。2011年には「荒川線&阪堺線の日」で、盛大なイベントが実施される事を期待しております。

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0224】活躍する阪堺色都電~荒川線の日(2)

C001
2010年10月 荒川車庫
イベントスペース前の巨大掲示。

C1012
地元ファンの方のハンドメイドによる大型模型。阪堺色の電車も並んでいます。

C002 
2010年10月 荒川車庫
阪堺色7511号は撮影会後半から登場。都電旧塗装の7022号とツーショット

C003_2
2010年10月 荒川車庫
リクエストに応えて行先を変更。あびこ道入庫が出ました(^^)。
今回使用された方向幕は、阪堺電車で実際に使われていたもののようです。

C004
2010年10月 荒川車庫

出た!浜寺駅前
後方にいたママ鉄さんから嬌声も聞かれました(^^;。表示は短時間でしたが、みなさん撮影できましたでしょうか?

C005
2010年10月 荒川車庫
イベントスペースではビリケンさん、ラピートちゃん(♀)、ノッポンくんが登場。記念写真タイムの後、南海阪堺沿線に関するクイズ大会が行われました。

C006
2010年10月 荒川車庫
クイズ優勝者の賞品は、なんと貸切電車一往復ご招待でした。
起用されたのはもちろん阪堺色の電車。ギャラリーに囲まれながら出発していきました。

C007
2010年10月 荒川車庫前-荒川遊園地前
沿線では7511の帰りを待つファンの姿も多数。貸切電車は町屋~王子あたりまで走っていたようです。

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0223】大人気のチン電グッズ~荒川線の日(1)

既報【0205】の通り10月3日、東京都電「荒川線の日」イベントが実施され、阪堺&南海からもブース出展が行われました。写真主体でご紹介します。

T101

T102
2010年10月 荒川車庫前

開門少し前、既に多数の人が詰めかけていました。手前が撮影エリア、保存車の奥がグッズ、展示エリアになります。

T103
2010年10月 荒川車庫
グッズ、展示エリアでは行列が延々。

T104
2010年10月 荒川車庫
今年は特にすごいやん・・・・。

T105_2
2010年10月 荒川車庫
ブース前の様子。阪堺は今年、3名の社員さんを投入。昨年までは確かお一人でしたので、意欲の程が感じられますが、今年は実際、3人で丁度くらいの盛況でありました。

T106
「大阪の路面電車、阪堺です」と盛んなアピール。カレンダー、新製品のストラップが人気を集めていました。社史、501形パンフ等も好調だったようです。

T107
堺市内の存廃問題に関心を持つ方も多かった模様です。今後の事はともかく、この日とりあえず、辛い発表の後という形にならなくて良かったなぁというのが率直な思いです。

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

2010/08/24

【0179】日本の新型路面電車 作品をフォーラムでも展示

【0152】でもお伝えしました月刊「鉄道ファン」誌(交友社発行)の好評連載「日本の超低床路面電車」。3回目となる今月号(2010年10月 通巻594号)は、アルナ車両の車が紹介されています。アルナ編は来月に続くようで、今月は下記の形式について詳述されています。

鹿児島市交通局 1000形 ユートラム
伊予鉄道 モハ2100形
土佐電気鉄道 100形 ハートラム
鹿児島市交通局 7000形 ユートラムⅡ
函館市交通局 8100形

交友社様サイト>鉄道ファン 2010年10月号
http://railf.jp/magazine/2010/594.html

筆者のK.Horikiri 様には、先の路面電車まつりの写真展示(日本の新型路面電車【0106】参照)でもお世話になりました。この時の展示が非常に好評をいただきましたので、8月28日の「阪堺電車活性化フォーラム」会場でも、作品を展示させていただく事になりました。ご快諾いただきましたK.Horikiri 様には、厚く御礼申し上げます。

新しい路面電車といいましても、なかなか阪堺線の地元の方々にはイメージを掴んでいただきにくい面もあろうかと思います。国内のいろんな街で、其々に活躍する電車の姿を、美しい作品でご覧いただければ、と思います。
また併せまして当日は、阪堺線存続ワーキングとしての活動紹介、また私K生の撮影しました阪堺電車の写真などもご覧に供したいと思います。ご意見などお聞かせいただけましたら幸いに存じます。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

2010/07/27

【0152】「鉄道ファン」誌 日本の超低床路面電車 連載2回目

【0123】でお伝えしました月刊「鉄道ファン」誌(交友社発行)の「日本の超低床路面電車」。今月号(2010年9月 通巻593号)は連載2回目で、新潟トランシスの車両が紹介されており、下記の形式について詳述されています。

熊本市交通局 9700形
岡山電気軌道 9200形 MOMO
万葉線 MLRV1000形 アイトラム
富山ライトレール 0600形 ポートラム
熊本市交通局 0800形
富山地方鉄道 デ9000形 セントラム

交友社様サイト>鉄道ファン 2010年9月号
http://railf.jp/magazine/2010/593.html

鉄道ファン誌、今月の特集テーマは「夜行列車」です。若年層の読者の方は、巻頭からの特集をメインにお読みになる事と思いますが、来月号の発売までには、他の記事にも一通り目を通される事だと思います。私自身もそうでした。
今月号でみた路面電車の記事に触発されて、将来、このジャンルに関心を持ってくれる子が出てきてくれればいいな、と思います。発行部数20万部(東洋経済)という鉄道ファン誌。K.Horikiri 様の連載から、頼もしい後輩が育ってくれる事を期待しています。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

2010/06/27

【0123】「鉄道ファン」誌 日本の超低床路面電車 連載開始

交友社発行の月刊「鉄道ファン」誌(2010年8月 通巻592号)で、「日本の超低床路面電車」の連載が開始されています。
当ブログでもお世話になっている K.Horikiri 様の執筆によるもので、資料性の高い内容になっています。
今回はイントロダクション的に、国内における超低床路面電車導入の流れが紹介されています。連載は4回に亘るとの事で、次回から、メーカー別に車両の紹介がなされるようです。
国内での超低床路面電車の導入にあたっては、技術面でも制度面でも様々な困難があり、それを克服するために、多くの方が努力を重ねてこられた事は、当ブログでも何度かお伝えしたと思います。熊本市の9700形登場以来13年、今では18形式を数えるまでに至ったその足跡を、美しい写真と共に、どうぞご覧ください。

交友社様サイト>鉄道ファン 2010年8月号
http://railf.jp/magazine/2010/592.html

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧