« 2011年6月19日 - 2011年6月25日 | トップページ | 2011年7月17日 - 2011年7月23日 »

2011年7月10日 - 2011年7月16日

2011/07/12

【0497】北海道新聞で1面に 浪速の「チン電」

北海道新聞の日曜版企画「旅」コーナーで、阪堺電車が大きく紹介されました。

Hds001

Hds002
北海道新聞 2011年7月3日付 朝刊日曜版1面および2面

画像の通り、2面までブチ抜きで阪堺電車(^^)。1面は161形も見える北畠の通学風景、2面には沿線各所の風物が紹介されています。素晴らしい作品と的確な文章で、チン電の魅力を伝えて下さっています。特に大和川の写真は素敵です。
写真と記事を構成されたのは、大阪支社の報道部長さん。もともと関西のご出身との事ですが、特に電車マニアという事ではなかった由です。大阪に赴任されて、阪堺電車と沿線のフォトジェニックさに着目され、これを是非北海道の方々に伝えたいと、長期に亘って取り組まれたと伺っております。

地元にあっては見慣れた光景となりますが、テレビ欄には札帯網函旭釧樽室北芦根紋苫稚との文字が並んでいて、ああ北海道の新聞やなぁと実感します。いま涼しいやろうなぁ、また行きたいなぁとの思いも募りますが(^^;、彼の地の読者の方に、阪堺電車と沿線を知っていただければ、それが何より嬉しいところです。

先日【0490】にコメントを下さったJ.H様も、北海道にお住まいです。またK.H様は東京の方です。この他にも、全国から多くの方が阪堺電車の動向に関心を寄せて下さっています。近所だけの電車じゃない、沿線だけの問題じゃない。様々な話題と課題の中で、チン電が走っている事を感じていただければ幸いです。

ちなみに報道部長さんは、RACDA大阪・堺にも取材にお越し下さいました。次に機会があれば堺周辺の動きを紹介し、チンチン電車の新しい可能性を探る記事があっても・・とのお話もいただいています。その時、どんな記事を書いていただけるのか、どんな話題を提供できるのかは、今後の時間の過ごし方にかかってきます。堺市の交通政策もまた、地元や当事者だけの問題ではないようです。

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0496】なにわの日(7月28日)多彩なイベントを実施

7月28日は「なにわの日」ですが、関連して様々な行事が行われます。

まず南海グループでは、「なんばエコプロジェクト2011」を開催。昨年に続いての実施ですが、今年はエリアが難波界隈から拡大し、南地や新世界方面でも展開。日本橋商店街や新世界でもイベントが実施されます。
なんば駅では、大阪市主催の「打ち水大作戦」に呼応して、グリーンガーデンで打ち水を実施、さまざまなキャラやメイドさんと共に、チン電くんも登場するようです。暑いと思いますが、是非がんばって欲しいものです。

南海電気鉄道様サイト>「なんば」から広げよう!環境のためにできること。「なんばエコプロジェクト2011」を開催します
http://www.nankai.co.jp/company/news/pdf/110627.pdf

新世界では、待望されていた難波方面との送迎バスが、7月28日から運行されるとの事です。(区間はホテル一栄~通天閣下、時刻10時~22時)回遊性向上に期待が集まります。初日のお昼には、通天閣下で記念式典も実施されるとの事です。

大阪市役所様サイト>浪速区>なにわの日
新世界100周年プレイベント なにわの日(7月28日)新世界のまち全体がイベント会場に!
http://www.city.osaka.lg.jp/naniwa/page/0000130968.html

新世界百年祭関係では、23、24の両日、天王寺公園で百年縁日が開催される由です。有名な観光人力車の「えびす屋」さんが新世界に登場、ゆるキャラの集合もあるようです。関西滞在中のくまモン氏と、くしたんこうやくん等の競演も見られそうです。

新世界&天王寺公園百年祭委員会様サイト>百年縁日
http://www.en-nichi.com/

あと通天閣ですが、ネオンリニューアル工事が開始されています(7月1日~10月27日まで)。今回のリニューアルに際し掲出文言が公募されていましたが、これが「笑顔の生まれる街、大阪」に決まりました。ただいまダウンライトキャンペーンによりネオン消灯中(6月22日・夏至から)で、10月28日より新装点灯となるようです。

通天閣観光様サイト
http://www.tsutenkaku.co.jp/index.html

Nnw001
南海・阪堺「なにわの日」きっぷ(2008年)
今に至るコラボレーションの嚆矢として、記憶しておきたいキップでした

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0495】堺市Walker2011 阪堺電車の特集も

2011年版の堺市Walkerが発売されています。阪堺電車と沿線の記事もたくさん載っています(^^)。

Swk001
まずは表紙から阪堺線。宿院を通過する福助電車です。

Swk002
阪堺線開通100周年記念という事で、特集ページも組まれました。タイトルは「チン電で行く堺散歩」で、カップル編、ファミリー編、大人編で構成、市内の各電停毎にスポットが紹介されています。
電車の写真を見ると6月初旬まで取材が続けられていたようです。チン電くんも大活躍していますが、脱稿時点では名前が公表されていなかったようで、苦心の跡が記事から偲ばれます。

Swk003
これはカップル編。船尾の遊さんも登場しています。

特集内では13スポットが紹介されています。この他にも沿線内外の店舗や施設が多数出てきており、巻末にはクーポンも多数付いています。堺市内観光には好適な一冊になろうと思います。「おもてなしチケット」等を使って、楽しい一日を過ごしていただきたいと思います。

あと沿線の話題から離れますが、巻頭の地元LOVER`Sインタビューでは、シャンプーハットてつじ氏が登場。晴美台中学から金岡高校に進まれたそうです(初めて知りました)。語られている内容は、地域や世代を問わず、堺で育った人には通じるものもあるように思いますし、街の課題の一端も見えるかもしれません。ご興味のある方はご一読を。これについては、機会があればまた。

ウォーカームック 堺市Walke2011
発売日:2010年 05月 14日
定価(税込): 880円
ISBN 978-4-04-721912-0-C9476
発行元:角川マーケティング 
角川グループパブリッシング様サイト
http://www.kadokawa.co.jp/mag/bk_detail.php?pcd=201103000022

(画像解像度は落としていますが、問題がありましたら対応いたしますのでお申し付け下さい)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0494】南海国旅&旅めがね「チンチン電車おしごと体験」

OSAKA旅めがねと南海グループのコラボ特別企画による「チンチン電車おしごと体験」ツアーが開催されます。

南海国際旅行様サイト>親子で楽しむ!夏休み自由研究ツアー
大阪旅めがね!ラピート乗車とチンチン電車洗車体験ツアー「チンチン電車おしごと体験」

http://www1.nanka-e-tabi.com/ntiweb/TourDetail.aspx?tc=DOZ5N1OSATB1&pfg=0&nfg=0&bfg=0&rfg=0&sfg=0&op=0&dpi=0&ev=0&via=TourList.aspx#start

開催日は8月7日と21日。共に午前のラピートで難波を出て堺まで、エリアコーディネターさんの案内で堺市内を通り、大小路から阪堺電車に乗車。阪堺電車の「チンチン電車洗車体験」&「車庫見学会」を楽しんだあと、サンドウイッチボックスを社員食堂で食すという行程、鉄道喫茶「あびこ道」さんも加わっての行程のようです。大人と小学生以上のお子様を含んだファミリーでの参加が条件となっていますので、大きいお友達の方はご留意下さい(^^;。

南海グループとしても様々な形で、阪堺電車のアピールを考えているようで心強い限りです。この洗車体験は非常に好評で、土日に車庫を通ると、しばしば団体が入っているのを目にします。社員さんは都度、休日返上で対応されている事と思います。地道な努力で、小さなチン電車ファンが増えてくれれば嬉しい限り。夏休みの一日、盛況をお祈りいたします。

Abk001
2011年1月 車両区

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0493】第1回HOPE展‐住吉・平野郷・田辺‐歴史のまちなみ‐

7月10日まで、大阪住まいのミュージアム(今昔館)で、「住吉・平野郷・田辺‐歴史のまちなみ」の企画展示(第1回HOPE展)が開催されました。

住まいのミュージアム様サイト>企画展示>第1回HOPE展
http://house.sumai.city.osaka.jp/museum/contents/kikaku/main_z2007.html#h230618

住吉はもとより、田辺平野も平野線沿線という事で、阪堺電車、南海軌道線と関連の深い街である事はいうまでもありません。展示品にも電車にまつわる物が散見され、住吉における馬車鉄道や初代阪堺電1形の絵画があったり、地域交通の要としての平野線の存在を伝える紹介も見られました。企画展示会場内の撮影は不可能でしたが、いただいた配布物に、展示と同じ写真が掲載されていたので1点。

Mni001
出典:田邊まちなみ手帳 にんやか田邊21頁(画像解像度は落としていますが、問題がありましたら対応いたしますのでお申し付け下さい)

田邊HOPEゾーン協議会発行の冊子に掲載されていたもの。初出は田辺町史かと思われます。南海平野線田辺駅に停車中の電車とされており、車両は電1形33号のようです。車番標記などの仕様は初代阪堺当時の状態です。電1形の原形仕様の写真は、阪堺線運用時のものは比較的多く残されていますが、平野線での姿はあまり見かけません。

平野のまちづくり活動の足跡には大きなものがあり、大阪近郊における旗手との感もありますが、その活動の発端が平野線の廃止にあった事は、以前にもお伝えした通りです。先年に関係者の方からお話を伺った際には、次世代への継承を課題の一つとされていたようですが、これも段階を追って対応されているようです。平野に接する田辺は、中央での認知度の点では地味な存在かも知れませんが、界隈にはまとまりのある空間が残されており、これを大切にしようとの機運が顕在化してきているようです。住吉付近は、歴史的に大きな存在である事は論を待ちません。それが余りに大きかった故に、どちらかといえばアピール等について控えめな印象を受ける事もありましたが、本腰を入れれば大きな力を見せる街であろうというのは疑いのないところで、近年の「すみ博」に代表される積極展開と実績は、今後への大きな可能性を期待させるに充分ではないかと思います。

上掲冊子では田辺の位置づけについて「街道と歴史が織りなす にんやか田邊」との記載があり、なるほどと感じた次第。ここでは四天王寺、住吉大社、平野郷に囲まれ、其々と街道で結ばれていた事、熊野、高野への通行路であった事についても触れられています。地域毎独自の気質や文化を保ちつつ、相互に関連して今日に至っている街というのが、今回対象となっていた3エリアの共通項なのかな、という印象を受けています。
ご紹介が遅れてしまい、会期は終了していますが、HOPEの取り組みについては、今後も注目していきたいところです。

大阪市役所様サイト> 住まい・まちづくり>HOPEゾーン事業
http://www.city.osaka.lg.jp/toshiseibi/page/0000110903.html

ちなみに住吉については、堺市博物館の所蔵資料も多数展示されていました。堺と住吉の関係については何度も記している通りですし、次に機会がありましたら、こういった面でのPR相互乗り入れ等も期待したいところです。個人的には平野郷と堺の旧市(環濠エリア)、田辺と旧市北側(高須界隈)あたりに、微妙に通じるものを感じたりしています。堺市が拡大政策を採っていなければ、情勢はどうなっていたのかな等という点も興味深いところですが、この辺の話題は、また機会があれば・・・。

Mni002
常設展示には大阪のメインストリートだった堺筋のジオラマが。市電は1601形でしょうか。この先にあったのが、南へのターミナルとしての恵美須町でした。

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0492】NATTS連載:今月は神明町

NATTS連載の「歩の歩の南海・阪堺まちあるき」、今月は阪堺線神明町(綾ノ町、高須神社)&本線七道がテーマになっています。

南海電鉄 NATTS様サイト
http://www.natts.net/ekimaetsu/
ぺーパー版は2011年7月号(通巻129)

・図工ラボ
 本線七道から海側へ。雑貨店兼事務所というほか、モノ作りのワークショップも開催されているそうです。

・薫主堂
 老舗のお香屋さん、建物の佇まいも必見です。高須神社から海側へ入ったところ。神明町から至近。

・榎並刃物製作所
 刃物屋さんの多い界隈、由緒ある鍛冶工房です。家庭用の包丁も入手できるようです。

・トミーパート2
 紹介されていたBランチに眼がいきました。神明町から高速を越えてすぐのようです。近々に食べに行きたいと思います。

堺の旧市内・・・と一口に言っても、微妙に街のカラーの差があって興味深いものがあります。北側に位置するこの辺りは、なんとなく大人っぽいというか、落ち着いた印象を子供の頃から感じていたような気がします。その後に街の歴史を識ったり、人と出会ったりする度に、そのイメージが深まってきたように思います。決して派手ではありませんが、昔の堺の良い面を感じさせてくれる界隈なように思います。ここにもまた、チン電が似合う景色があるように思っています。

Tsj001
2011年4月 綾ノ町-高須神社

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0491】地下鉄広告続報

このところデイタイムに地下鉄に乗る機会がなかったのですが、先日ようやく撮影に成功したのが↓

Kmr001
Kmr002
2011年7月 大阪市交谷町線 22662号
初夏バージョンでは「堺・住吉まん福チケット」がテーマに扱われていました。路面電車まつりは日程入りで紹介されていますので、リリース発表を待って、直前に対応されたのではないかと思います。南海グループの阪堺電車プッシュの意気込みが感じられます。

今回は紹介が遅れてしまい、ぼちぼち更新の時期かと思いますが、今後も引き続きの積極展開を期待したいものです。

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

« 2011年6月19日 - 2011年6月25日 | トップページ | 2011年7月17日 - 2011年7月23日 »