« 2011年4月3日 - 2011年4月9日 | トップページ | 2011年4月17日 - 2011年4月23日 »

2011年4月10日 - 2011年4月16日

2011/04/13

【0411】ヘッドマーク掲出開始 大社御鎮座1800年 

住吉大社御鎮座1800年のPRヘッドマークを付けた電車が、今週から出てきています。

S001
2011年4月 細井川

マークは2種類あるようで、前後で異なった絵柄のものがペアで取り付けられています。上下の別は特にないみたいです。

S002
602号上り方

S003
706号上り方

13日の営業で掲出を確認したのは703、704、706、602など。また入庫車で701、705とあと1両、岡崎屋色の車もいたようで、結構な両数が対象になっているようです。掲出期間は不明ですが、5月半ばまでは取り付けられているのではないかと思います。

S004
2011年4月 住吉鳥居前

御鎮座1800年に向けて、阪堺電車周辺でも動きが出てきました。
大社ではイベントについて自粛を検討された事もあったようですが、こんな時だからこそ、住吉さんに元気を出して欲しいとの声が、地元だけでなく関西の経済界、商工界から多数寄せられていたと、先のすみ博イベントの際にもお聞きしています。様々な思いがこめられたマークを付けて走っているチン電。沿線では電車の正面に、どうぞご注目下さい。

S005

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

2011/04/11

【0410】産経新聞「阪堺電車が行く」連載再開

昨年4月から続いている産経新聞水曜朝刊の連載「阪堺電車が行く」(【0341】【0359】参照)は、震災関連記事の輻輳もあって暫く休載となっていましたが、4月6日付から再開されました。今回のテーマは「昭和3年生まれの現役」。そう、161形電車です(^^)。

San001
産経新聞大阪本社 2011年4月6日付朝刊 15版19面
※画像解像度は落としてありますが、問題がありましたらお知らせ下さい

今回も簡潔な文章ながら、161形の貴重さと人気について的確に紹介されています。

「まだまだ走り続ける予定だというチンチン電車の「最年長者」に、エールを送りたくなった。」
「」内 上記記事より引用)

記事むすびには、やさしい視点の一文がありました。たぶん今回執筆された記者さんだと思われる方を、以前に沿線でお見かけした事があります。小柄ながら熱心な取材ぶりで、特にアングルのとり方の的確さには、流石にプロだなぁと感心したものです。その時の印象と今回の記事がラップしてきて、とてもうれしい気持ちになっています。
「阪堺電車が行く」連載は、大阪・堺の多くの記者さんが参加されて作られているようです。今後も見逃さず付いていきますので、引続いて長期の取り組みを期待したいところです。

ちなみに記事写真、学校帰りの子供さんが写っていますので、午後の早い時間に撮影されたものだと思います。最近はお客さんが増えていて、取材撮影にも苦労する時がありますので、デイタイムを選択されたのかと思います。車内の乗客の姿が少なめとお感じの方は、どうぞご留意下さい。ついでにドア部には交通調査員の方が2名写っています。なので3月中旬の撮影かと思われます。
ついでに記事中には当該車の両数を8両と記されています。疑問に思われる方が居るかも知れませんが、これは昭和3年製車を指すものですので間違いではないです。阪堺電車に取材に行っても、そう回答されると思います。為念。161形のあと2両は昭和6年入籍車で、こちらも今春、めでたく80周年を迎えています。

【0359】以降の記事名は下記の通り

2011年2月16日付
「ザビエルがもたらしたオブジェ」(花田口)ザビエル公園彫刻

2011年2月23日付
「チンチン電車でコーヒーブレーク」(泉北高速 深井)鉄カフェレトロ=175号車カットボディ保存=

2011年3月9日付
「それぞれの乗客 思いも交錯」(海道畑)南海本線との立体交差

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0409】NATTS連載 第4回は浜寺・船尾

NATTS「歩の歩の南海・阪堺まちあるき」(【0377】参照)。4月号は阪堺線浜寺駅前電停から南海本線諏訪ノ森駅にかけての一帯が紹介されました。なので阪堺線船尾電停も範囲に含まれています。

Nat001
NATTS ペーパー版 2011年4月号(通巻126号)
南海電鉄NATTSサイト
http://www.natts.net/ekimaetsu/

今月、案内人として登場されたのは、浜寺ローズカーニバル(5月15日開催)の実行委員長さん。今回も周辺4スポットが紹介されています。サイトではお店のデータも掲載されています。

四川料理 登仙さん ランチ美味しそう(^^)
A Little Bit Cafe 新店!浜寺駅前至近です
額装専門店 栄造 「遊」さん(お屋敷再生複合ショップ)の中にあります
浜寺公園 桜につづいてバラが始まります

日曜日も周辺(石津3号辺りから浜寺付近)を歩いていたのですが、閑静で気品を感じる、とても好ましい界隈です。意欲的なお店も少しずつ増えてきています。皆様も浜寺公園の行き帰り、機会があればどうぞ足を運んで、応援してあげて下さい。

Nat002
2011年4月 船尾

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0408】南海電鉄 @nankaiサイト開設

南海電鉄では4月1日から、公式オンラインストア「@nankai」を開設しています。

南海電気鉄道様サイト>南海電鉄公式オンラインストア「@nankai」を開設します
http://www.nankai.co.jp/company/news/pdf/110325.pdf

楽天市場>鉄道部品・備品:南海電鉄オンラインストア「@nankai」
http://item.rakuten.co.jp/nankai-onlinestore/c/0000000109/

取扱品目は南海のオリジナル鉄道グッズをはじめとし、退役車両や駅などで使用していた鉄道部品なども随時用意されるようです。この種の物品は、従来は工場公開などのイベントで出されていたものですが、ネットでの対応を行う事により、沿線外をはじめとする多方面に向けて、「南海電車ファン」の拡大展開、利用促進とリピーター獲得を図りたいとの思いがあるようです。

サイトの参考画像には、趣味者には魅力的な品が多数並んでいます、1日の晩にアクセスしますと、初回出品の部品は、既にほぼ払底していましたが(^^;、これはまた今後の展開に期待することにしましょう。一方、電車グッズは在庫豊富です。子供さん、鉄子さん、またママ鉄の方々にも喜んでもらえる品が多数ありますので、こまめにアクセスしていただきたいものです。

南海電鉄では少し以前まで、この種の対応には慎重な様子が見られたのですが、最近は積極的な姿勢が頼もしいところです。これからも末永い展開を期待しております。また部品購入希望の大きなお友達の皆さんも(^^;、節度と愛情をもって応援していただきたいとお願いいたします。

Neta001
タンスの肥やしを増やしましょう(笑)

Neta002
新型サザンは今秋デビュー グッズにも期待が集まります
(2011年3月 高野線 金剛-滝谷)

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

« 2011年4月3日 - 2011年4月9日 | トップページ | 2011年4月17日 - 2011年4月23日 »