« 2011年3月13日 - 2011年3月19日 | トップページ | 2011年3月27日 - 2011年4月2日 »

2011年3月20日 - 2011年3月26日

2011/03/21

【0402】乗換券一新! 発行機更新へ

先日乗車した電車で、乗換券発行機が新調されているのに遭遇しました。
折り返しを待って乗換券を入手。とりあえず我孫子道で2種。

O002  
2011年3月
新乗換券は発行日付、有効時間、対応系統が印字されます。上りは地色が付くようです。時刻は発券から1時間後迄となっているようです。画像は我孫子道での標準パターン(恵→我から浜、浜→天から恵)を示しています。住吉でも含め、今後パターンを見ていきたいと思います。上りの我孫子道で、2種ほどレア券が出てくるのではないかと思います。

O001
2011年3月 C#705
発行機は従来より小ぶりなものになりました。小田原製のようです。

O003
運転台パネルは部分交換されています。使用時にどんな表示が出るのかはまだ不明。従来からの発行コード表は幕板に残されていますが、これが反映されているのがどうかは判りません。バスに詳しい方にお聞きしますと、営業機器にはいろんな拡張性があるようですので、今後の展開が楽しみです。
これまで使用されてきた発券機は、上町、阪堺のワンマン化時に導入されたものでした。後年の新車代替の際も発生品が流用されていますので、概ね30年以上使用されているかと思います。味わい深いハードですが、いよいよ見納めが近づいてきたようです。ただいま更新を確認できたのは703、705、706。また161形でも進んでいるようです。今後も出てくるものと思われますので、旧タイプの乗換券を記録しておきたい方は、どうぞお早めに。

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (1)

【0401】輸送状況瞥見 2011年3月(3)

平日の夕方は一本の電車内からだけでは様子がつかみにくいですので、沿線で目にした様子をランダムに。

G001
2011年3月 宿院上り(17時)

G002
2011年3月 大小路上り(17時30分)

G003
2011年3月 東湊上り(17時20分)

この時間帯から上り帰宅の流れが見られるようです。

G004_2 
G005
2011年3月 大小路下り(17時40分)
結構な乗りで大道筋を下ってきています。

G007
2011年3月 石津下り(17時30分)
コンスタントに降車が続いています。

G008
2011年3月 船尾下り(18時30分)
船尾でも一定の降車があり、日々の乗車の足が長くなっていることが見て取れます。

これまで見た範囲でも、流動の量、幅ともに広がりつつある状態は確認できているのかと思います。もちろんこれでゴールという訳ではなく、さらにお客さんに増えてもらわないといけないのですが、一方では増えた乗客を逃がさず、更に定着してもらえる施策にも、そろそろ目を向けていきたい気がします。具体的には最近、客増に伴い着席できないケースの増加、電停での乗降時間増による時間延などが目にされています。時間延については天-浜の終端側でしばしば見られ、下りでは浜寺で着発状態の発生、上り側では上町線内での均等間隔のズレ(直通の住吉30秒延で6.5分&5.5分→進むにつれダンゴ化)等の例があるようです。乗降時間延の対策としては、大道筋の信号改善、新型車導入によるバリア軽減などが抜本策となりますが、運転間隔についても、少しずつ縮めていく方向を考えていただきたく思います。度数増→利便向上→さらに乗客増・・・という好循環の話は、以前なら机上の空論と一蹴されていたところですが、ジワジワ増えているお客さんの姿が、これを検討しやすい環境を作ってくれているのではないかと思います。

右肩下がりがデフォルトな世情の中、異例とも思える実績を、いま阪堺線は確実に積み上げてきています。関係方面の方々には自信を持って、更に前向きなプロジェクトを進めていただきたいと切に願っております。

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0400】輸送状況瞥見 2011年3月(2)

続いて平日の朝の上り電車、3月に入ってからのものです。
※画像の解像度は非常に低くしてありますが、もし問題がありましたら修正しますのでお申し出で下さい。

Aa001
左上:浜寺駅前
右上:船尾
左下:石津
右下:東湊
※浜寺駅前は1本前の発車時のもの

Aa002
左上:御陵前
右上:寺地町
左下:宿院
右下:大小路

Aa003
左上:花田口
右上:妙国寺前
左下:神明町
右下:綾ノ町

Aa004
左上:高須神社
右上:大和川
左下:我孫子道
右下:安立町
※安立町は後続電車

浜寺発車は7時台前半、座席は5分以上でスタートしています。発車時刻直前に乗車してこられるお客さんが多く、日々の利用が定着している様子が感じられます。この傾向は以後の電停でも共通しています。座席は石津で概ね埋まってきますが、東湊から降車も一定発生してきています。大道筋に入ると通学生が確認できてきますが、上町線の学校のピークは、この少し後の電車になります。大和川は乗車が見られませんが、スーツ姿の方の降車は一定あるようです。あと我孫子道の乗車が少なく写っているのは、直前に当駅始発の上り電車が出ていた点を考慮下さい。

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0399】輸送状況瞥見 2011年3月(1)

最近の乗車状況を見てみます。
2月下旬、夕方の上り電車からの見たままです。撮影は24日、同じ電車の車内からが中心ですが、綾ノ町、高須神社は地上からの撮影です。
※画像の解像度は非常に低くしてありますが、もし問題がありましたら修正しますのでお申し出で下さい。

Yy001_2 
左上:船尾
右上:石津
左下:東湊
右下:寺地町
※浜寺、御陵前は撮影できず
浜寺発車時は座席4分程度

Yy002
左上:宿院
右上:大小路
左下:大小路(下り対向)
右下:花田口
下り電車でも一定の乗降が見られます

Yy003
左上:妙国寺前
右上:神明町
左下:綾ノ町
右下:高須神社
※大和川は撮影できず(乗降なし)

浜寺発車は17時台後半、適度な乗降で、大道筋では概ね座席定員が満たされる状況となっています。特に目立った数字ではありませんが、以前と比べると雲泥の差です。平日の夕刻、特にイベントもない寒い日(月末の給料前)でしたが、一定の乗客がついてきている事は確認できるかと思います。

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0398】交通調査実施(2011年3月)

3月に入り、阪堺線堺市内区間で相次いで交通調査が実施されていました。確認できた範囲でお伝えします。

まずは3月5日、交通調査員の方が我孫子道-浜寺駅前 間に乗車。当該区間の乗客に対しヒアリング。項目は以下のものでした。

①乗車(下り)、または降車(下り)箇所(大阪市内、堺市内)
②乗換の有無、箇所(住吉、我孫子道)
③使用乗車券(現金、回数券、定期件、その他)
④利用目的(通勤、通学、買物、レジャー)
⑤居住地(堺市内、それ以外)
⑥敬老優待割引の周知(知っていた、知らなかった)

続いて先週後半からは、カードを用いた調査を実施。今回も交通調査員の方は、我孫子道-浜寺駅前 間で回転。項目は①~⑤まで上記とほぼ同様。⑥は敬老優待ではなく、大人か子供かとなっていましたが、遭遇した例だけかもわかりません。カードの調査は、12日から17日までの通しではないかと思いますが、私も大阪にいなかった日がありますので断言ができません(11日の朝、18日の晩は遭遇せず)。

A001
下り表面

A002
下りウラ面

A003
上り表面

A004
上りウラ面

Y002
2011年3月 船尾(ご許可を得て撮影)

お客さんの反応は今回も概ね好意的で、調査員の方に、「たくさん乗ってるやろ」と話しかけるご婦人等も目にしました。
堺市の支援策も定着しつつありますので、今回の調査は期待したい時期であったと思いますが、地震の直後にあたってしまい、人の動きは(電車に限らず)低調だった感があります。特に週末の行楽客の数字は低く出ているのではないかと思います。16日位になると、夕方の利用は一定もちなおした気もしますが。今回のデータが今後、どう活用されるのかは判りませんが、特異な時期に実施されたものである点は考慮していただきたい気がします。

Y001 
2011年3月 高須神社
最終までの調査、お疲れ様でした。

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0397】塚西:阪堺電車応援ノボリを掲出-壽光寺様-

「走れ チン電 これからも」と大書したノボリが、先日、沿線に登場しました。
日頃から私共の活動にご理解を賜っている、塚西の佛手山壽光寺様【0211】参照)が作成されたもので、RACDA大阪・堺の名前も配して下さいました。トップを飾っているのはもちろん、はたなかひろし先生のイラストです。

J001
2011年3月 塚西

電停山側、電車からも良く見える場所です。このノボリを目にして、お客さんや運転士さんに、沿線の思いを感じてもらえれば、というご住職のお気持ちが伝わってくるような気がします。

阪堺電車沿線では今、様々な活動が起きています。その中で、地元の思いがカタチになって表れてきにくかったのが西成区周辺ではないかと、私の居住経験からも感じています。阪堺線北側の輸送需要は、全盛期に比してかなり下がってきているのは否めませんが、現在利用されている方は、この電車が本当に必要で、なかなか声を上げることもできない人々が多いのではないかと感じています。こういった状況下、まず手を上げて下さった壽光寺様には感謝の念でいっぱいです。
ご住職からは、今後に向けても様々なご提案をいただいています。今後ともご指導いただき、前向きなコラボレーションを重ねていきたいと思っております。

J002
2011年3月 塚西

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (1)

【0396】パンダ電車リニューアル 710号塗替

710号が塗装回帰を終えて出てきています。
スポンサーは引き続きアドベンチャーワールドさんで、前面は従来同様、人気のパンダ柄です。側面は大きく意匠変更されており、ブルー基調にピンクのラインが配されています。

P001
2011年3月 船尾-石津

また707号でも再塗装の際、若干の意匠変更が見られています。スポンサーは錦秀会グループさん(阪和病院)で継続されていますが、車端部のイラストが変更されたようです。

P002
2011年3月 船尾-石津

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0395】線路改修状況 2011年3月

【0365】に続きます。
月初までに新規施工区間は確認できていませんが、既工事部分でバラストの投入が見られています。

R001m
R002m
R004m
2011年3月 妙国寺前

R005h
R006h
2011年3月 花田口

R003m
2011年3月 妙国寺前
道路交差部はこんな感じです。非常に気持ちがいいですね。
こんなん堺で見たん、私、生まれて初めてです(^^)v 引き続きの進捗を期待しております。

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0394】南海沿線ハイキング チン電沿線関係

南海電鉄でもハイキングの企画が盛んです。今年度のパンフから、阪堺電車の沿線に縁のあるものをご紹介します。

●初辰さんと住吉界隈=4月13日=
「駅長推薦平日ぶらり」の一環。住吉東→宝泉寺、一運寺、住吉大社、一休禅師牀菜庵跡碑、浄光寺、万代池、蔵ギャラリー、閻魔地蔵尊→住吉東

●堺、吾彦観音を経て住吉さんへ=5月22日=
「朝日 5私鉄リレーウオーク」の一環。大浜公園→宿院頓宮、本願寺堺別院、高須神社、止止呂支比賣命神社、吾彦観音寺→住吉大社

●初秋の阪堺線沿線名所=9月14日=
「駅長推薦平日ぶらり」の一環。天下茶屋→天下茶屋公園、天神ノ森、阿倍野神社、万代池、住吉大社→住ノ江

●仁徳陵から江戸の町並み=10月15日=
「駅長推薦南海沿線ぶらりあるき」の一環。三国ヶ丘→仁徳陵、宿院頓宮、開口神社、菅原神社、ザビエル公園、刃物会館、本願寺堺別院、山口家、鉄砲鍛冶屋敷、内田家→浅香山

●今宮戎から上町線沿線=11月9日=
「駅長推薦平日ぶらり」の一環。なんば→今宮戎神社、聖天山、安倍晴明神社、阿倍王子神社、晴明丘公園→住吉大社

●堺幕府 堺周遊=2012年2月12日=
「南海・泉北まちなみ散策」の一環。神明神社→内川、海船政所跡、本願寺堺別院、妙国寺、方違神社、けやき通り、仁徳陵、大仙公園、南宗寺、少林寺、顕本寺、祥雲寺→神明神社

※ 集合、解散地点の近所まで阪堺電車を利用できるコースも多々あります(^^)。

B001
以上参考:2011年南海ハイキングスケジュール(2月15日現在)

今年分のWEB告知はまだですが、昨年の参加状況が見られる行事もありますのでご参考まで。
平日開催でも優に300人は超えていて、半端やない人気である事はご理解いただけると思います。
南海電気鉄道様サイト>ハイキング(※2010年版)
http://www.nankai.co.jp/cgi-bin/hiking_topr3.cgi

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0393】沿線ウオーク開催 関西6社共同で

阪堺電気軌道は能勢電、大阪モノレール、泉北高速、水間、北大阪急行の各社と共に、リレー方式による「朝日・おおさか南北ウオーク」の開催を発表しました。

阪堺電気軌道様サイト>「朝日・おおさか南北ウオーク」を開催いたします(阪堺電気軌道、能勢電鉄、大阪高速鉄道、大阪府都市開発、水間鉄道、北大阪急行電鉄 6社連名リリース)
http://www.hankai.co.jp/topics/pdf/110309.pdf
行事パンフ(大阪高速鉄道サイト)
http://www.osaka-monorail.co.jp/jpn/company/press/detail/pdf/20110309.pdf

リリースには、以下の言葉が記されています(「」内引用

「各社の沿線の素晴らしい自然と名所・旧跡等の魅力を紹介し、各社間の旅客流動の活性化を図るとともに、新たな観光ルートを創造することを目的として、今回新たに各社リレー方式によるウオーキングイベント「朝日・おおさか南北ウオーク」を開催いたします。」

このところ私鉄各社では、イベントのコラボ展開が盛んになっており、阪堺電車でも他社の公開行事にブース出展する等の活動が行われています。今回は中小6社が一団となった企画です。この組み合わせは過去に例のないものであり、非常に注目されるところです。
阪堺の担当は全6回のラストとなる11月23日、住吉・堺の歴史を偲んで熊野街道から紀州街道をめぐるコースという設定になっています。行程は晴明丘公園をスタートして、万代池、住吉大社、住吉公園、鉄砲鍛冶屋敷、ザビエル公園、開口神社、本願寺堺別院、高須神社を経て、我孫子道でゴールとなる由です。参加無料。

H0001

近年、壮年層の方を中心に、近郊でのハイキングのニーズが非常に高くなっています。休日の高野線の快速急行等で実見された方も多いと思いますし、阪堺の沿線でもしばしば街歩きのグループを見うけます。阪堺電車では10年前の開業100周年の際、記念行事として沿線ハイキング(大阪市内、堺市内、平野線跡)を開催し、大好評を博した事がありました。盛況を受け継続の検討が進められていたのですが、人員が大きく削減された時期にあたってしまった事もあり、以後は実施できないまま今に至っています。今回の企画では各社共催、またマスコミの後援も得られた事もあり、実現できたのではないかと思います。各社共、特に人員の面では難しい状況が続いているものと思いますが、こういった連携で打開できるケースもあろうと思います。是非とも成功し、今後につなげていって欲しいと願っています。

阪堺での実施は秋なので、時期が近づけばまた、続報をお伝えしたいと思います。

H0002
2011年3月 神明町-妙国寺前

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0392】堺・住吉まん福チケット 今年も発売

先に一報をお伝えしました通り、好評の「堺・住吉まん福チケット」が、今シーズンも発売される事になりました。3月19日からスタートしています。また山陽電車版、阪神電車版も、継続して設定されています。
今回から南海電鉄エリアが拡大され、堺~浜寺公園駅間もエリアに含まれる事になりました。また沿線の優待スポットも広げられており、特に新世界エリアでの充実が目を引きます。「のんびりおでかけん」から引き継がれた設定もあり、これまでの取り組みが、次第に結実してきている印象を受けます。

発売・通用期間は、2011年3月19日~11月30日
価格と有効区間は下記の通りです。

●南海グループ版(1,000円)
 南海本線:難波-浜寺公園
 高野線:汐見橋-中百舌鳥
 阪堺電車:全線
 南海バス:堺市内指定区間

●阪神版(1,600円)
 有効区間は下記を追加
 阪神電車:全線(除高速線)

●山陽:明石以東版(2,200円)
 有効区間は下記を追加
 山陽電車:西代-明石
 神戸高速:西代-阪神元町
 阪神電車:全線

●山陽:全線版(2,500円)
 有効区間は下記を追加
 山陽電車:全線
 神戸高速:西代-阪神元町
 阪神電車:全線

今回のリリースには、今年開通100周年を迎える阪堺線を含む「阪堺電車」という文言も見られ、力の入れ方が伝わってきます。ポスター等は既に各所に掲出されています。今年は南海色の161形が大きく扱われています。近いうちに各社版も入手しに行こうと思います。

南海電気鉄道様サイト>「堺・住吉まん福(ぷく)チケット」南海・阪神・山陽版を今年も発売!(阪堺電気軌道、南海電気鉄道、南海バス、阪神電気鉄道、山陽電気鉄道 5社連名リリース)
http://www.nankai.co.jp/company/news/pdf/110311_2.pdf 

M001
2011年3月 C#703

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0391】沿線案内図 最新版に寄せて

沿線での配布物といえば、「阪堺電車沿線案内図」を思い出される方も多いでしょう。ここ何年も改定を重ねて発行され、利用者には既におなじみの事と思いますが、これが個人作成である事は、余り知られていないと思います。

N001
2010年前半バージョン

これを作られているのは沿線ご在住のNさん。私にとっては趣味の大先輩であり、またRACDA大阪・堺でも日頃からお世話になっている方です。Nさんは阪堺線の存廃問題が浮上するはるか以前から、この種の私製沿線案内をつくり、阪堺電車の周辺で配布されています。
この沿線案内、こまめに内容を改善され、バージョンは10を超えているようです。これまでの部数は一体どれくらいになるのか、ちょっと見当もつきません。軽印刷とはいえ相当な持ち出しになっている事と思いますし、私共の周辺でも、何かフォローを・・。との声も出ているのですが、なかなか余裕がなく、ご本人の善意に頼っているのが実情です。時折オークションサイトで、旧バージョンのものが高価で出品されているのを見たりすると尚更複雑な心境ですが、当のNさんは、「まあええがな」といいつつ、電停のラックや沿線のスポットをまわっておられます。
作成、配布の活動も、これまで常に順風満帆だった訳ではないようですが、今は堺観光コンベンション協会の電停ラックをはじめ、沿線内外の様々な箇所に設置が可能となっています。観光客の方が車内でこのパンフをご覧になっている姿も定着してきましたし、先日の乗降調査の際は、スタッフの方の携帯資料の中にも、これをベースとしたものが見られました。いろいろな出来事を通り過ぎ、ただいま発行されているのは、下記画像のバージョン。均一運賃仕様のものです。

N002

日頃は物静かなNさんが、これだけの情熱を見せられている様子には、私も日々教えられるところ大です。ちなみにNさんは、国内の鉄道路線は全て現地調査された上、渡航歴も豊富と、内外の交通情勢に精通されています。私などとは経験値が全く違う方ですが、そのNさんがこよなく愛し、その再生を信じておられるのが阪堺電車です。チン電の持つ可能性について、考えてみる一助にしていただければ幸いです。

N003
阪堺線堺市内標準時刻表 これもNさん作成です

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0390】沿線配布の時刻表

昨年後半から、阪堺電車沿線の新聞チラシや電停ラックで、大型の発車時刻表が配布されています。かなり好評のようです。

T001
恵美須町-東粉浜

T002
帝塚山3丁目-我孫子道

T003
大和川-浜寺駅前

これまで入手できたのはこの3種。上町線の天王寺方のもあるかも知れませんが、ちょっと確認できていません。
この時刻表、「阪堺電車のHPを参考に制作した」と記されており、発行はフロンティア大阪支社となっています。各地で沿線時刻表を作成されている会社で、以前は都電荒川線などでも同様の企画をされているようです。なので広告代理店がメインとなって進められた企画となりますが、これに沿線内外で、実に多くの店舗が賛同されています。広告スペースは延べ104箇所! 住吉大社、帝塚山学院といった大手から、地域密着のスポットまで、多くの方の名前が記されています。チン電ファンにとってもありがたい話だと思いますので、以下に芳名を記させていただきます(敬称略 順不同)。

◎恵美須町-東粉浜
露天風呂 和光、お酒の枡屋商店、スパワールド、田村電機阪堺模型、エンジェル介護サービス、健勝堂薬局、ダンススクールD&M、原接骨鍼灸療院、大東建託大阪中央支店、天下茶屋聖天 正圓寺、通天閣劇場 TENGEKI、岸里葬祭館、アライ工芸社、美容室エミ、竹安眼科医院(2箇所掲出)、佐藤医院、田口建設、かんさい美装、上の天神 生根神社、山中眼科、ドリームキッズROOM、日の出会館、赤帽 三浦運送店、ニュー浴ハウス ウエルネス、ヘアメイク フレンド、渡辺外科医院、介護センターひばり

◎帝塚山3丁目-我孫子道
余島総合会計事務所、大圓寺、赤帽 三浦運送店、ヘアサロン No:Vanity、ピカピカハウス、旬彩 雲海、飲喰処玉手館、さくら鍼灸院、奥の天神 生根神社,、工房クリスタルパーク、全国仲人連合会あびこ支部、ヘアメイクFaith(2箇所掲出)、帝塚山福祉会、帝塚山学院、一運寺、エレガントクリーニング、松浦民江 社労士行政書士事務所、朝日温泉、parlour de belleza ma-no、ピタットハウス北畠店、ドリームキッズROOM、ベルク帝塚山、和食大興望、バスフラッショ上住吉、住吉大社、美容室イメイック、竹安眼科医院、おにぎり惣菜にんにこ、あべのフェスタ献血ルーム、まさる鍼灸整骨院、なかのクリニック、福家工務店帝塚山店、センジュ鍼灸整骨院、くぼりクリニック

◎大和川-浜寺駅前
菅原神社、龍谷保育園、山田牛乳店、はらおび観音 常安寺、泉消防設備、介護ドンナ・サービス、コジマゴルフィングクラブ堺校、福島小児科、青陽山月蔵寺、井筒眼科医院、割烹秀吉、ケーキ工房TAKAMIYA、黒田畳店、文化保育院、クリーナーたかす、ちゃんこ天洋、ヘアーサロンなかじま、中央受験センター、骨董古道具振興会、大東建託堺市店、高田歯科医院、無量山 慈光寺、坂田歯科医院、石津川保育園、株式会社トラダ、湊保育園、Go to heaven 散髪屋、ブラジル料理セリアハウス、宅配クック123堺ごりょうまえ店、不動産 スタイル、ぬし活仏壇、手打ちうどん栄吉、鉄板焼 鈴、バイクショップB Plus、大和木工所、片桐棲龍堂薬局、浜寺中央病院、有田工業、プログレスウイズ

なじみのお店も少なからずあるものと思います。代理店の方は丹念に沿線を周られた事でしょう。サイトによると、フロンティアエージェンシーさんは昨年、大阪に支社を設けられたようです。新規開拓に際し阪堺電車の沿線に商機を見出された事、またこれだけ多くの広告主の方が、阪堺電車の時刻表にスポンサーとなる価値を認められた事を、この機会に再確認しておきたいものです。

フロンティアエージェンシー 大阪支社様サイト>オリジナル企画
http://frontiernet.co.jp/original/

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0389】新世界:ホテル中央の朝食サービス

新世界で長年盛業を続けておられる「大よし」さんという居酒屋があります。
清潔で居心地の良い空間であり、阪堺706号のスポンサー関連という事もあって、私もチョイチョイ利用していますが、この大よしさんで、昨夏位から朝食の営業が開始されています。

D001

秋ごろだったか、ラストオーダーまでトグロ巻いてましたら(^^;、モーニングのセッティングが始まったので何事かと思ってお聞きしますと、周辺のホテルと連携して、宿泊者へのサービスとして実現したものだと教えていただきました。なのでメニューも多言語対応となっています。

早速、朝に行きますと、旅行者の方がたくさんいて、チケットを出して食事していました。私共もお世話になっている「ホテル中央」グループさんでも対応しておられます。旅行者の方は朝食を重視されますし、ホテル単独で供食スペースを持つのは困難でしょうから、この朝食パックは有効なプランではないかと思います。ここにも新世界の工夫が感じられます。

D002

朝の営業時間は7:00~10:30。一般でも対応してもらえます(チケットまたは現金600円の前払制)。ボリュームも結構ありますので、朝の撮影の後で食事するのにも使えるかと思います。追加でビールもOKです(^^;。

D003
先日行った際は、新世界100年まつりのチラシも置かれていました。

ホテル中央セレーネ様サイト>朝食サービスのご案内
http://www.chuogroup.jp/selene/ja/room/index.html

大よし様サイト
http://www.daiyoshi.biz/izakaya/index.html

D004

2011年3月 船尾-石津

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0388】すみ博inあびこ あびこ道復活歴史探訪も開催

住吉区で定着した感のある「すみ博・すみよし博覧会」ですが、こんどは我孫子地域をメインとして、「すみ博inあびこ」が開催される事になりました。

大阪市役所様サイト>住吉区>まちづくり>『すみ博inあびこ』を開催します!
http://www.city.osaka.lg.jp/sumiyoshi/page/0000116120.html

今回、メインは地下鉄我孫子、苅田方面となりますが、阪堺電車にも縁の深い企画が実施されるようです。上掲リリースから引用します(「」内)。

「☆あびこ道復活 歴史探訪ウォーク
阪堺電気軌道「我孫子道」駅からあびこ観音まで、地域の歴史(阪堺線の歴史・遠里小野の油・あびこ観音の歴史など)を学んで歩きます。器にもこだわったおいしい昼食もお楽しみいただけます。
解説:小出英詞さん(住吉大社 権禰宜)ほか」

我孫子道という電停名ですから、もともとはお参りにも用いられていたものと思われます。後に至近の他路線が開通し、軌道線はあびこ観音とは縁が薄れていく事になりますが、これを探訪しようという企画です。権禰宜の小出様は、昨年の私共の第2回フォーラム(【0302】参照)でもお世話になりましたが、非常にお話が上手く、格調高い内容を判りやすく語ってくださいますので、これは価値のある企画だと思います。参加費2800円、定員30名。詳細はリリースをご参照下さい。

今回のすみ博では、ノーチャリゾーン、ライブペインティング、商店街との連携、セレッソ大阪とのコラボ等々、地域の活性化に参考となる企画も多数盛り込まれているようです。我孫子道からトコトコと、いろんなネタを探しにいってみたいと思います。

X001
吾彦観音、住吉神社参詣乗車券(南海鉄道 1937年)

(画像の無断転載はお断りします)
※ コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0387】粉浜商店街 オンリーワンPR展開中

先日から大阪市内を中心とした電停で、粉浜商店街のPRパンフが置かれています。

S001

よくみると、大阪人と Meets Regionalの抜き刷り(共に2011年4月)で構成されており、両誌のスタイルに則って、商店街の凝った仕掛けになっていました。大阪府の「オンリーワン商店街創出事業」によって実施されているキャンペーンのようです。

大阪府庁様サイト>産業・労働・まちづくり>商業振興>大阪オンリーワン商店街創出事業の公募について
http://www.pref.osaka.jp/shogyoshien/shogyoshinko/onlyone.html
同上>オンリーワンへの道(粉浜商店街振興組合)
http://www.pref.osaka.jp/shogyoshien/shogyoshinko/onlyone-kohama.html

リリースによると、この事業は「商店街等が活性化を目指して行う創造的な事業活動を支援することにより、府内のみならず全国に発信できる、また活性化を目指す他の商店街等のモデルとなり大阪商業のけん引役となる商店街等を創出し、商都大阪の発展を目指す。」とされており、3年間に亘って様々なバックアップが行われる由。粉浜は第1期(2008年度~)で選定されていたようです。今年は3年目で、情報発信の段階を迎えているようです。

私、若い頃は塚西付近で単居してまして、この辺の商店街にはお世話になりました。先日もテンプラをかじったりしながらウロウロと1番街まで行き、帰りは日の出湯さん(阪堺電車内に広告あり)に入ってきたところです。当時から四半世紀くらい経ってるのですが(^^;、粉浜はよく踏ん張ってるなぁと、いつも感心しています。いろんなプランに意欲的に取り組む姿勢が、時代の波にも対応できる体制を作っているのかな、と思います。事業趣旨にある、他の商店街のモデルたりえる何かが、この界隈にはあるような気もしますので、ご興味の有る方は、このパンフを見ながら、散策されては如何でしょうか。
ちなみに同事業、第2期では堺市市場連合会も選定されています。こちらの展開も期待したいものです。

S002
2011年2月 東粉浜-住吉

(画像の無断転載はお断りします)
※ コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

« 2011年3月13日 - 2011年3月19日 | トップページ | 2011年3月27日 - 2011年4月2日 »