« 【0489】復元161号(6)車内の状況その2 | トップページ | 【0491】地下鉄広告続報 »

2011/06/23

【0490】運賃収入前年同月比108%! 阪堺電車大躍進

先に【0483】で昨年度の乗客増(対前年101%)をお伝えしたところですが、直近でもっと凄い数字が出てきました! 

本年5月の阪堺電車、運賃収入が対前年同月比108%となっているそうです!!

産経新聞大阪本社 2011年6月16日付朝刊 15版
http://www.sankei-kansai.com/2011/06/16/20110616-054083.php

記事によると、阪堺電車全体で昨年秋から徐々に乗客増の傾向が現れ、2010年度の乗客数が46年ぶりに増加(729万人)、本年5月の運賃収入として、対前年108%に達したとの事です。社長の見解による増収の理由として、堺市の支援による運賃の値下げと、あべのキューズモールのオープンの効果が挙げられています。

前年度比の乗客増(101%)も価値のある話ですが、この数字にピンと来なかった方でも、108%になると認識を新たにしていただけるのではないでしょうか。5月というとゴールデンウイーク期間がありますので、その分かとお思いの方が居るかも知れませんが、いやいや阪堺電車も、毎年5月は一定の数字は出しているはずですので、その上での108%という点にご留意いただきたく思います。キューズ効果については最大風速である可能性はありますが、それだけで108%を出すのは無理でしょう。記事にもあるように、運賃均一等や敬老割引をはじめとする堺市の支援、天浜直通や定期券値下げに代表される事業者の努力等が、ここへきて次第に結実しつつあると考えるのが自然ではないかと思います。このあたりの状況については、【0446】ほかもご参照いただければ、と思います。

ちなみにGW期間中、JR西の在来線は前年比6%減、大手私鉄5社は前年比2.1%減だった事が伝えられています。この世情下で出された対前年108%。この数字が持つ意味は、想像以上に大きいものがあるような気がしてなりません。

共同ニュース>新幹線など利用者減 GWのJR西や関西私鉄
http://www.47news.jp/CN/200205/CN2002050701000224.html

May001
2011年5月 浜寺駅前

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0489】復元161号(6)車内の状況その2 | トップページ | 【0491】地下鉄広告続報 »

チン電のポテンシャル」カテゴリの記事

沿線の話題」カテゴリの記事

阪堺電車よもやま話」カテゴリの記事

コメント

元気なニュースですね!このあまり明るくない時代に前年比108%は素直に喜べるものだと思います。これまでの努力が徐々に実を結んでいることの表れだろうと…。

阪堺さんとなかよくしていただいている、我が都電荒川線も、ここのところ体質改善が続いて活気はあるように見えるのですが、乗客数は長年にわたって微減傾向が続いていて、平成21年度は1日あたり約51,000人。平成22年度はまだ発表されていませんが、ひょっとすると5万人割れもありうるんじゃないかと思います。日中はお年寄りを中心に結構乗っているように感じるのですが、減少に歯止めがかかっていない状態はやや心配です。ぜひとも阪堺さんの元気を都電にもいただきたいですね。

投稿: K.Horikiri | 2011/06/24 09:28

 こちらではお久しぶりです。
 そしてすっかり遅くなりましたが、訪阪時は色々とお世話になりました。

 富山サミットの時には、さてどんな展開を見せるものか…と、心配の方が先に立っていたものですが、ここまで盛り返すとは…と言うよりも、もう「伸びるとは」と言う方が相応しくなって来ましたね。
 まだまだ「定着」までにはさまざまなハードルがあるにせよ、ここまで打たれた手がことごとくマッチングした故の成果でしょう。他都市にとっても、なかなか示唆的な事例になっているように思います。

 まだまだこれから、やらねばならないことも多いと思います。
 「素材の良さ」を存分に活かせるような施策が続くよう、期待しています。

投稿: J.Hayakawa | 2011/06/27 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0489】復元161号(6)車内の状況その2 | トップページ | 【0491】地下鉄広告続報 »