« 【0488】復元161号(5)車内の状況その1 | トップページ | 【0490】運賃収入前年同月比108%! 阪堺電車大躍進 »

2011/06/23

【0489】復元161号(6)車内の状況その2

Inp1008
2011年6月 車両区

運転台周辺の装備には大きな変化はないようです。機器類の外装は茶色の塗装で統一されました。

Inp1009
次停表示は右上に移設。文字は白で「次とまります」表示となっており、現行他車の装備品(赤文字で「つぎ・とまります」)とは意匠が異なっている点にご注意下さい。これは手持ち予備品の活用との事です。発生元については参加者からも諸説出ており、ワンマン初期車からではないかとの意見が聞かれました。

Inp1010
現役車として不可欠なワンマン掲示は前面窓に。下降窓を下ろしても見える場所に配されている点に感心します。

Inp1011
車内スピーカーは目立たないタイプのものに交換されました。これも何かの発生品かも知れません。

Inp1012
乗車ブザーも小さくなりました。これは交換なのかカバー取外しなのか不明。これに伴いブザーの音も変わっています。なんとなく251形に近い印象もあるのですが。

Inp1013
ものすごく懐かしかったのが運転台仕切のチェーン復活。ちょうど子供の背丈にあり、これにぶら下がって前を見ていた経験のある方は多い事と思います。

Inp1014
中扉の取っ手(車内側)。ここは現代の子供さんが磨いてくれた場所でしょうか(【0474】参照)。

Inp1015
ざっと気づいた点はこれ位ですが、まだまだ隠れたアイテムがあるような気がします。というか細かい点は抜きにしても、無条件で居心地の良い空間になっています。この161号の乗車口、再び入る事ができる日を楽しみにしています。

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0488】復元161号(5)車内の状況その1 | トップページ | 【0490】運賃収入前年同月比108%! 阪堺電車大躍進 »

車両」カテゴリの記事

阪堺電車よもやま話」カテゴリの記事

コメント

復元モ161号の車内、素晴らしいですね。ぜひとも見てみたいのですが、なかなか叶わぬことでしょう。阪堺電車の関係者様に感謝の言葉しかございません。

投稿: のり | 2011/06/24 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0488】復元161号(5)車内の状況その1 | トップページ | 【0490】運賃収入前年同月比108%! 阪堺電車大躍進 »