« 【0484】復元161号(1)RACDA大阪・堺 貸切乗車会 | トップページ | 【0486】復元161号(3)サプライズ2件 »

2011/06/23

【0485】復元161号(2)全国から多数の愛好者

続きまして19日(日)には、趣味団体による貸切を実施。さすがに注目度の高い161号だけあって、全国から多数の問い合わせをいただき、50名近い方のご参加がありました。開催決定からごく短期間しかなかった事を思うと驚異的な人数で、161号復元の反響の大きさを実感する事にもなりました。

Jdt001  
2011年6月 東玉出
カメラの砲列の中、宮ノ下に向かう161号。系統板は「廻送」が掲出されています。

Jdt002
2011年6月 天神ノ森
系統板を「貸切」に替えて行程開始。既に多くの方が乗っています。私もここで乗車。

Jdt003
2011年6月 車両区
じっくり161号を眺めるのは初めてですが、見れば見るほど丁寧に、既存のものを活用する努力を重ねて作業されていると感じます。

Jdt004
2011年6月 車両区
後位から。尾灯位置は高いままですが、これはワンマンミラーの関係で仕方ありません。161号は現役車です。

Jdt005 
2011年6月 車両区
山側。鉛丹色の屋根と、ライトとパンタの黒塗装が、思っていた以上に効果を見せています。南海軌道線研究の大先輩であるF様(堺市東区)に色調の印象をお伺いしますと、ほぼ完璧とのお答えでした(^^)。私自身の記憶(グレー屋根の時代ですが)でも、軌道線の車体色は、このイメージが最も近いと思います。当時の電車は、塗替出場直後は少し濃い目に見えた(今の162等に近い)だったのですが、この時代は塗料や環境の関係か、一定稼動した後の車は若干白っぽく(粉を吹いたみたいな感じ)見えていたものです。塗料や方法が違う今、よくぞこの色を出したものだと敬服します。

Jdt006
2011年6月 車両区
いわゆる「マヨ」構図。台車まわりが再塗装されていないのは全検ではないため。この点から見ても、今回の工事は既存車の改修モデルも兼ねているのではないかと思われます。今の161号の台車は走りこんだ感じが出ていて、車体色の設定と良くフィットしていると思います。

Jdt007
冠布を被って奮闘中のXさん。車両記録でご高名な方です。今回の161は見逃せないと、リンホフを携えて遠路はるばる駆けつけて下さいました。

Jdt008
みなさん、成果は如何でしたか

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0484】復元161号(1)RACDA大阪・堺 貸切乗車会 | トップページ | 【0486】復元161号(3)サプライズ2件 »

沿線の話題」カテゴリの記事

車両」カテゴリの記事

阪堺電車よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0484】復元161号(1)RACDA大阪・堺 貸切乗車会 | トップページ | 【0486】復元161号(3)サプライズ2件 »