« 【0478】東京都電と共同マーク取付 502号 ~路面電車まつり2011(3) | トップページ | 【0480】RACDA大阪・堺ブース状況 ~路面電車まつり2011(5) »

2011/06/16

【0479】眉目秀麗! 堂々復元161号 ~路面電車まつり2011(4)

注目を集めていた161号復元車も遂にお披露目となりました。

Rt201
2011年6月 車両区

見た瞬間からグッときました。緑の車体に赤い屋根。これぞ南海軌道線という雰囲気です。側板もすっきりと仕上げられており、入念な作業が行われた事が感じられます。

Rt202
パンタは黒、ヘッドライト周りも黒。ライトは鏡板も美しく磨かれています。こんなキレイな黄緑のライトは久々に見ました。

Rt203
羽車社章復活! 色もバッチリです。

Rt204
定員記載も往時の様式で再現されました。標記板の文字は可能な限り原版のエッチングをトレースしています。形式欄の右側が若干凹んでいますが、ここがたぶん【電5】を削った跡だと思います。

Rt205
中扉には取っ手を再現。これも小学生の子が磨いてくれたのでしょうか。

Rt206
後扉はダミーと思われますが、外観上は見事に復元されました。当りゴムも付いています。取っ手はかなりの年代モノです。

Rt207
広告枠も前面から移設、本来の位置に帰ってきました。赤や青のタカシマヤ広告を入れてみたいものです。一方ワンマン標記も健在で、この車が現役車であることを主張しています。

Rt208
雨樋は所定の改修が実施されたようですが、今回は段付きタイプになっています! 可能な限り往時に近づける努力が払われた事がうかがえます。

Rt209
注目したいのは前面窓下の通気孔。従来のタイプは運転、保守の両面でやや難があったといわれていますが、今回はここも改修されました。161号を今後も使用するだけでなく、他車の改修モデルとしての意味もあるのではないかと期待したくなります。

Rt210
これは164号の通気孔。ワンマン化時に設置されたものですが、降雨時の取扱いには苦労があったようです。

トータルとして感じたのは、今後の安全運行維持に必要な改修をメインとした上で、可能な限り手持ちの素材を活用し、費用を抑えて復元を実現したという事でしょうか。161号は4月中旬まで通常に営業に出ていましたので、工事期間は正味一ヶ月半、よくぞここまで持ってきたと感心します。車庫の近所にお住まいの方からは、この間毎晩遅くまで、車庫では工事の音が聞こえてきたというお話もお聞きしています。関係者の方々のご尽力に、心より敬意を表します。

Rt211
2011年6月 聖天坂
夕刻になってイベントで出てきた161号 RACDAのマーク車と離合

Rt212
2011年6月 天神ノ森
後ろ姿は正に南海軌道線 タイムスリップしたかの如き印象でした

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0478】東京都電と共同マーク取付 502号 ~路面電車まつり2011(3) | トップページ | 【0480】RACDA大阪・堺ブース状況 ~路面電車まつり2011(5) »

チン電のポテンシャル」カテゴリの記事

車両」カテゴリの記事

阪堺電車よもやま話」カテゴリの記事

コメント

路面電車まつりでの活動、お疲れ様でした。
この復元には本当に驚きました。見事の一言ですね。
私も、運転台前面の通気孔の処理には注目しておりました。
営業運転に就くことはなかなか難しいとは思いますが、土日限定・一日2往復くらいで「レトロ電車」としてダイヤ上にも明記して運行されるのも一案かと存じます。いずれにしましても、今後の活躍が楽しみです。

投稿: のり | 2011/06/19 07:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0478】東京都電と共同マーク取付 502号 ~路面電車まつり2011(3) | トップページ | 【0480】RACDA大阪・堺ブース状況 ~路面電車まつり2011(5) »