« 【0473】近鉄の駅でもPR実施中 路面電車まつり | トップページ | 【0475】報道多数! 161形復元車 »

2011/06/10

【0474】復元161号 地元の小学生も協力

非常に注目を集めている161号の復元に関し、うれしい話題が産経新聞で報じられています。
昨9日、沿線の清水丘小学校(大阪市住吉区)と錦西小学校(堺市堺区)の児童の皆さんが、電車の金属部品の磨き出しに協力、取っ手などの部品をピカピカにしてくれたそうです(^^)。

参考:2011年6月10日付 産経新聞大阪本社 15版22面
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110610/osk11061002210000-n1.htm
記事中の写真では、改装中の161号の姿も見られます。黒塗装になったヘッドライト周りが美しい(^^)。

今の小学生の子の年代にとって、161形が製造されたのは、自分が生まれる70年位前の話になるのでしょう。これを私におきかえると、大阪馬車鉄道の時代になってしまい、ほとんど神話時代の出来事となります。そう思うと、これはきわめて貴重な経験となります。

趣味の先輩のAさんは子供の頃、101形(1967年廃車)に乗車した際、お父様から「これが昔の電車なんやで、しっかり覚えとくんやで」と言われたそうです。普通ならば私達も今、旧型電車に接する子供さん達に、同じ事を伝えなければいけない時期なのかも知れません。しかし今回の161号車は、先を見据えて、しっかりとしたメンテと共に復元された車両のようですので、これからも彼等が大きくなるまで、一緒に時間を過ごしてくれる事が期待されます。

5年、10年、またそれ以上の将来、今回の清水丘と錦西の子らが161号を目にする度に、この日の事を思い出してもらえればいいな、と思います。そしてその時、チン電と沿線が元気になっていてくれれば、何より嬉しい限りです。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0473】近鉄の駅でもPR実施中 路面電車まつり | トップページ | 【0475】報道多数! 161形復元車 »

チン電のポテンシャル」カテゴリの記事

沿線の話題」カテゴリの記事

車両」カテゴリの記事

阪堺電車よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0473】近鉄の駅でもPR実施中 路面電車まつり | トップページ | 【0475】報道多数! 161形復元車 »