« 【0459】臨時循環バス(2)実際に乗ってみた | トップページ | 【0461】南海 住吉・堺をめぐるツアー開催 »

2011/06/04

【0460】臨時循環バス(3)感想一束

Skb101
2011年5月 綾ノ町
意外な場所でシャトルとの出会い

今回の臨時バス、乗客の方の反応で興味深かった点を2つ。いずれも二巡目の堺駅発車時、満員状態の車内で聞かれた声です

①「こんな混むバスあかんわ、おもてなしになってへん。ワシが言うといたろ」
②「なんでこんなえらい大回りすんの?、タダで堺東行けるいうから乗ったのに・・・。」

前者の方は年配の紳士。後者の方はご高齢のご婦人でした。こういったご反応、堺ではよく見かける光景のような気もします。一本待って乗車されたようでして、実際お気持ちはわかるのですが、いろいろと考えさせられるシーンでありました。

まず前者の方、市役所方面にお知り合いがいらっしゃるようです。混雑するバスでは「おもてなし」とは言えないので、一言物申したいというのは理解できます。ただ、どんな内容でお話しされたのかな、ちょっと気がかりではあります。できれば建設的な改善案であって欲しいと祈りたいところです。後者の方は、バスの趣旨からすれば想定外というか、一般バスへの誘導を図るべし・・という事になるのかも知れませんが、こういった方も現実に乗車(誤乗ではなく)されていますので、一定の対応は必要になるのかな、という気もします。

前述の通り今回の臨時バス、21 日には1023人の利用者が居たと言う事です。19便での合計なので、1便あたり50名以上、時間帯によっては3桁に近い乗降があったものと思われます。堺シャトル車使用としては相当な乗車率でしょう。さらに期待された22 日は午前の嵐があって数字が伸びなかったのは残念ですが、それでも所期の成果は挙げられたと言えるでしょう。
成果と共に、ここでは様々なデータが出ているものと思います。経路、方向、料金、本数、使用車、波動対応、告知など、ブラッシュアップを図れるネタも豊富にあると思います。折角の試みですし、一定以上の答えを出している訳ですから、前向きに育てていって欲しいものと思います。ついでに言うと、今回の企画は多分観光関係の部署の方がメインになって進められたのではないかと思いますが、交通関係の部署の方にも、可能な範囲で情報を共有していただければ、とも思います。貴重なナマの試料です。各方面で活用していただきたいものです。

Skb102
2011年5月 綾ノ町
22日の昼前、嵐となった臨時バス停。風雨をついてメンテされる市職員の方がいました。

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0459】臨時循環バス(2)実際に乗ってみた | トップページ | 【0461】南海 住吉・堺をめぐるツアー開催 »

沿線の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0459】臨時循環バス(2)実際に乗ってみた | トップページ | 【0461】南海 住吉・堺をめぐるツアー開催 »