« 【0447】利用状況瞥見(2011年春)=通勤= | トップページ | 【0449】利用状況瞥見(2011年春)=春季文化財特別公開= »

2011/06/04

【0448】利用状況瞥見(2011年春)=敬老優待=

想像以上に定着している感があるのが敬老優待です。曜日や時間帯によっては、座席を埋めたほとんどの方が優待パスをお持ちという光景も見られます。導入から数ヶ月での状況としては目を見張るものがあります。

Csr201
2011年5月(ご許可を得て撮影)

お話をお聞きしますと、沿線外の堺市民という方が結構お出ででして、バスとの乗り継ぎで阪堺線に乗ってこられるという層が増えているのかな、という印象もあります。優待対象日はバスも実施している・・・というか以前はバスのみ100円だった訳ですが、阪堺線との結節によって、移動に幅ができた、あるいは芯が通ったという印象をお持ちの方も多いのではないかと思います。バス側の輸送状況はよく判りませんが、今年に入ってからの優待対象日の利用状況の変化などが見えれば、なかなか面白いのではないかと思います。
また最近は、100円の回数券をお持ちのお客さんを何度か目にしています。100円券は本来、小児1区用のものですが、金額記載なので通常時(200円分)は2券片利用で使用可能となるものです。最初に気づいた方は鋭いなぁと思うと共に、年配の方の倹約への意識を痛感させられたりもするところですが、こういう生活の知恵的な利用法が口コミで出てくるようになると、いよいよ施策もほんまもんです。回数券を購入されている方は、これから阪堺線をバンバン利用するという意思表示をされているのと同じですし、敬老優待の今後には、大きな期待を寄せたいところです。

Csr202
2011年5月 大小路
優待日のグループでのご利用も多数見かけるようになりました。楽しそうな雰囲気が感じられます。日々の暮らしの元気の源としていただければ嬉しい限りです。

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0447】利用状況瞥見(2011年春)=通勤= | トップページ | 【0449】利用状況瞥見(2011年春)=春季文化財特別公開= »

チン電のポテンシャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0447】利用状況瞥見(2011年春)=通勤= | トップページ | 【0449】利用状況瞥見(2011年春)=春季文化財特別公開= »