« 【0446】利用状況瞥見(2011年春)=行楽= | トップページ | 【0448】利用状況瞥見(2011年春)=敬老優待= »

2011/06/04

【0447】利用状況瞥見(2011年春)=通勤=

平日、自分の乗車する時間帯以外の状況が確認できにくいのですが、日々の通勤客は堅調のように感じます。

Csr001

Csr002
2011年4月 宿院
17時台、2本続けて下り電車到着の様子ですが、安定して降車があり、下り方向への乗車も一定見ることができます。

Csr003
Csr004
2011年4月 浜寺駅前
堺市内で下りに乗車してきたお客さんが、南海本線に向かう光景を良く見かけるようになりました。阪堺線の認知度向上もあってか、結節点としての浜寺の存在が、以前よりも増してきているのかも知れません。今後注目してみたい視点の一つです。

朝の乗客も増加、定着傾向にあるようです。上り電車の様子は前回(【0400】)でお伝えしましたが、4月以降、朝方の下り電車での利用が増えているのを実感しています。7時台前半など、以前は相当に空いていた印象を受けていたものですが、最近は天王寺発の電車が住吉を過ぎ、堺市内に入っても立客が続いているケースも珍しくなくなりました。またこれに接続する阪堺線大阪側の電車も、一定の乗車が確認できます。特に我孫子道を過ぎ、大和川、高須、綾ノ町あたりで降車される方は、以前より増えていると思われます。均一運賃の効果が出ているのではないかと感じています。

夜の方、帰宅客の流れは日没後も見られますが、堺市内では21時台になると次第に減ってくる感じで、これが今後の課題かも知れません。世で残業が減っていたり、堺の夜が大阪に比べて早いというあたりもありそうですが、夜間の運転本数や終発の設定等も前向きに検討していただきたいところです。通勤で乗車していると、同じ時間の電車で毎日見かける人というのが存在します。これが増えてきているのが、阪堺線の認知度が上がっているという実感に繋がっているのですが、朝はともかく帰宅になると、なかなか安定した退勤時間をキープするのは難しいのが実情かとも思います。帰路でほぼ毎日同じスジを利用できる人は、どちらかというと少数の方かも知れません(朝に一定サイクル毎に見かける人がいて、交代勤務の方かな?等と思ったりしていますが)。多少ランダムに残業があったり、帰りに軽く一杯飲んだりした人が利用される時間が大体21時頃からなのかな、という気もしますので、いずれはこの辺りにも目を向けたいところです。上町線では終発まで、この層のお客さんが一定確保されており、阪堺線でも獲得の余地がありそうに思います。運転本数のほか、恵美須町方と天王寺方を共通利用できる定期券などの設定も一案かも知れません。選択乗車の定期券は以前から検討されながら、当局筋の理解が得られずボツになった事もあると伺っておりますが、全線定期であれば可能性はあるのかな、という気もします。現在の阪堺電車は長距離定期が低廉化されていますので、ソコソコの価格設定ができるような気もします。朝は南霞町、帰りは天王寺という需要は結構ありそうに思います。

(画像の無断転載はお断りします)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0446】利用状況瞥見(2011年春)=行楽= | トップページ | 【0448】利用状況瞥見(2011年春)=敬老優待= »

チン電のポテンシャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0446】利用状況瞥見(2011年春)=行楽= | トップページ | 【0448】利用状況瞥見(2011年春)=敬老優待= »