« 【0443】あべのキューズ開業状況(2) | トップページ | 【0445】大阪春秋 阪堺電車関連記事 »

2011/06/04

【0444】大阪春秋2011春号 住吉大社特集

季刊「大阪春秋」誌 ただいま発売中の号では、住吉大社1800年の特集が組まれています
=====================
「大阪春秋」2011年SPRING(通巻142号)
発行元:新風書房
発行日:2011年(平成23)4月25日付
定価:1050円(税込)
ISBN978‐4‐88269‐724‐4
=====================
発行元様のサイト更新が確認できません。特集関連記事を目次からご紹介します。
=====================
特集 すみよし~住吉大社1800年~
住吉大社御鎮座千八百年の歴史・・・・真弓常忠
住吉大社の石燈篭・・・・神武磐彦
住吉社と住吉社神主津守氏の軌跡・・・・生駒孝臣
夏のおはらい住吉祭・・・・小出英詞
住吉大社をめぐる画人たち・・・・井渓 明
住吉大社界隈の文学 住吉っさんと小説家・詩人など・・・・高橋俊郎
船の守護神・住吉っさん 廻船人の世界を探る・・・・田野 登
住吉大社に花を添えた住吉新地 消えた花街の記憶をたどって・・・・水知悠之介
住吉にあったニットーレコード・・・・古川武志
住吉大社参詣鉄道の軌跡をたどる-南海電鉄の前史的素描-・・・・宇田 正
川端康成の名作「反橋」の真実・・・・青木茂夫
住吉さんと堺・・・・中井正弘
付録解説 創刊十五周年記念夕刊大阪新聞付録 大大阪区製勢地図 最新の住吉区 都市計画路線入
住吉大社御鎮座千八百年記念大祭のご案内
=====================

記事名と筆者の方のお名前でご想像いただける方もいらっしゃるかと思いますが、多彩な切り口から、住吉大社と、ここに関連する様々な事象についての考察が加えられています。阪堺線などの鉄道に関する記事、また堺との関連に触れた箇所も随所に出てきます。意外なところではニットーレコード(細井川近辺にあった由)の記事で出てくる「住吉小唄」と「龍神小唄」との相関性なども興味深いところです。

また今号の付録は、上記の通り昭和10年代の住吉区地図です。大阪市15区時代のもので、現在の阿倍野区、東住吉区、平野区、住之江区が含まれているものです。なので南海軌道線については、上町線全線、平野線全線、阪堺線は北半の大部分が掲載されており、この点だけでも非常に興味深いものとなっています。民間地図なので、電停などの改廃は実際とタイムラグがある可能性もありますが、ざっと見える範囲で西平野が開業前、阿倍野交差は葬儀所前電停名義(平野線側)、常盤通と中道はもちろん現役、宮ノ下(阿倍野神社)は電停記載あり(名称は判読できず)、東玉出は勝間の名義、塚西は移設前などとなっています。また大和川以南が綾ノ町まで掲載範囲となっていて、梅鉢鉄工の引込み線(高野線浅香山-砂道)が阪堺線と平面交差しているところも見られます。
電車好きの方、沿線に興味のある方、ともに参考になる号だと思いますので、機会がありましたらご一読をおすすめいたします。

Osj002
(画像の無断転載はお断りします。解像度は低くしておりますが、使用に問題ありましたら対応いたしますのでお申し付け下さい)
※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0443】あべのキューズ開業状況(2) | トップページ | 【0445】大阪春秋 阪堺電車関連記事 »

沿線の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0443】あべのキューズ開業状況(2) | トップページ | 【0445】大阪春秋 阪堺電車関連記事 »