« 【0358】NATTS連載:第2回目は粉浜・住吉 | トップページ | 【0360】南海教習所:鉄道学校の体験見学ツアーを募集中 »

2011/02/11

【0359】産経新聞「阪堺電車が行く」続報

産経新聞の好評連載「阪堺電車が行く」については【0341】にてお伝えしましたが、昨年12月分で一件、抜けてますよと、地元の方からお知らせいただきました。

2010年12月15日付
「古いお屋敷に集合店舗」(船尾)浜寺諏訪森御屋敷再生複合施設「遊 yu」

年末のバタバタで見落としていたのでしょうが、よりによって「遊」さんが出ていた日でありました(^^;。ご教示ありがとうございます&どうも失礼いたしました。m(..)m

V001

船尾・諏訪ノ森のお屋敷を活用して頑張っておられる「遊」さん。地元では有名なスポットで、しばしば報道でも取り上げられています。もともとは大正時代、大阪の資本家の方の別荘として建てられたそうで、現在でも内外に、その面影を感じる事ができます。町並みの保存と地域の活性化の願いを込め、複合施設としてスタートされたのは2005年。以来、上品で気持ちの和らぐお店の皆さんと、地元に根ざした様々なイベントを続けておられます。一般的な堺のイメージとは少し違う雰囲気のスポットが、阪堺電車の沿線にあります。近くにお越しの際は、是非お立ち寄りいただきたいと思います。

「遊 yu」さまサイト
http://suwanomori-yu.jp/

なお「阪堺電車が行く」連載は以後も継続されています。前回以降のタイトルは下記の通りです。今週は休載だったようですが、引続き期待したいものです。

2011年1月26日付
「赤外線網をかいくぐれ」(宿院)フェニックスの道路交差
2011年2月2日付
「味わいある 山 マーク」(大小路)山之口商店街

連載については、またある程度まとまった段階で随時。

(画像の無断転載はお断りします)
※記事画像の解像度は落としてありますが、問題がありましたら対応いたしますのでお申し付け下さい。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0358】NATTS連載:第2回目は粉浜・住吉 | トップページ | 【0360】南海教習所:鉄道学校の体験見学ツアーを募集中 »

沿線の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0358】NATTS連載:第2回目は粉浜・住吉 | トップページ | 【0360】南海教習所:鉄道学校の体験見学ツアーを募集中 »