« 【0350】堂々の3両運転!南海ホークスツアー電車(1) | トップページ | 【0352】思い出の久保寺雄二選手 南海ホークスツアー電車(3) »

2011/01/29

【0351】OB選手もご参加 南海ホークスツアー電車(2)

今回のツアーでは、ホークスOBの選手の方々も同乗されていたそうです。事前の国旅リリースでは、河埜敬幸選手、森口益光選手、山田勉選手がノミネートされていました。

南海国際旅行様サイト
http://59.190.131.118/NTIWEB/TourDetail.aspx?tc=DOF5S1HAWK01&pfg=0&nfg=0&bfg=0&rfg=0&sfg=0&op=0&dpi=0&ev=0&via=TourList.aspx#start

河埜選手というと、レギュラーに定着した79年、春から安打を重ねて大活躍していた時の印象が鮮やかです。ライトグリーンのユニフォームは、やや力強さに欠けた印象もあったのですが、河埜選手が着ると凄くスマートで格好良かったものです。当時、中学の同級生の女の子が河埜選手の大ファンで、毎日学校で喧しかった事も思い出しました(^^;。彼女、いまどうしてるんだろう・・・。それと84年、センターにコンバートされた年にフル出場で奮闘していた事も記憶に強いです。この年はベストナインに入れて欲しかったんですけど。内野に戻った後はスーパーサブ的な起用が多かったと思いますが、ここ一番での勝負強さは健在でした。左手の捌きで左右に打ち分けツーベース…というのは、河埜選手の真骨頂だった気がします。

森口選手を最初に意識したのは、76年の大阪球場第一戦だったかと。江夏投手が先発の近鉄戦で観客も多かったのですが、試合途中にブルペンに向かった22番を見て、周りの観客が「近大の森口やん、ええ投手獲ったなぁ」とざわめいていて、子供の私も活躍を楽しみにしていたものです。翌年から一軍に定着し、主戦投手の一角を占める事になりました、丁度ホークスが低迷期にさしかかる時期にあたってしまい、なかなか勝ち星が伸びなかったのが気の毒でしたが、先発したら大概は完投していた印象もあり、山内新一、藤田学両投手と共に、懸命に南海のマウンドを守っていたという記憶があります。
この時代、ピッチャーは30歳を前に球速が落ちてくるというのが通例でしたが、森口選手はベテランになっても球が速かったのが評判でした。今思うと、しっかり体のケアをされていたのだと思います。

山田選手は87年、佐々木選手とのツープラトンで1番センターに起用、快打を重ねました。センター前、あるいは三遊間を抜く執念を感じさせる打球の記憶が残っています。大阪市内(平野線方面?)のご出身だったかで、二軍戦で修行されていた当時、関係者の方(お父様?)が熱心に観戦に来られていたのを覚えています。ご家族の方は控えめに観戦しておられたのですが、それを知るウエスタン常連客は、山田選手が活躍すると「ええぞっ、山田!」とヤンヤの喝采(^^)。その声にご家族は、深々と頭を下げておられたものです。こういったアットホームさが、南海の魅力の一つでありました。

身近さというと、ホークス選手が近所に住んでいるという話も結構あって、百舌鳥の友人が「近所でよく河埜を見る」と自慢していたり、栂・美木多の駅には「地元に住んでる山内孝徳投手にご声援を」というポスターが貼ってあったりという、沿線ならではの話題にも事欠きませんでした。私も、山本和範選手が大浜に住んでいるのが嬉しかったりしたものですし、学校帰りには中百舌鳥球場(秀鷹寮)をウロウロしてサインを貰ったりして、つくづく良い時代だったなぁと思います。
あと、ホークス黄金期のOBの方々が、船尾から高師浜あたりに何人も居住されていました。1960年代の選手名鑑などを見ると、主力選手だった方は堺の海沿いか帝塚山付近かに集中していて、当時この界隈が高級住宅地であった事が伝わってきます。
OBでは今回、宅和本司さんもご参加されていたそうです。私の世代ではMBSの「GO! GO! Hawks」が印象深いですが、1954年新人王の伝説の大投手。ちなみに1954年のホークスは僅差でライオンズに優勝を譲っていますが、リアルタイムで観ていた方が以前「ホークス史上で最も迫力のあったペナントレースが昭和29年」と話されていたのが忘れられません。宅和さんはこの年、高卒ルーキーで26勝(!)の数字を残されています。

H301  

2011年1月 我孫子道(公道から)

入庫休憩時には、OB選手を囲んで盛り上がっていたようです。いいなぁ…。


(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0350】堂々の3両運転!南海ホークスツアー電車(1) | トップページ | 【0352】思い出の久保寺雄二選手 南海ホークスツアー電車(3) »

沿線の話題」カテゴリの記事

阪堺電車よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0350】堂々の3両運転!南海ホークスツアー電車(1) | トップページ | 【0352】思い出の久保寺雄二選手 南海ホークスツアー電車(3) »