« 【0349】好調続く敬老優待 | トップページ | 【0351】OB選手もご参加 南海ホークスツアー電車(2) »

2011/01/29

【0350】堂々の3両運転!南海ホークスツアー電車(1)

既報の通り23日、南海ホークスファンを対象としたツアー電車が運転されました(^^)。
私も参加したかったのですが、年初に都合がついた段階で既にソールドアウト(泣)。なので沿線で声援を送らせていただきました。

今回のイベント、南海国際旅行のチャーターで2両(170、165)を運転。さらに一般の貸切として、毎年同様の行事を企画されている団体で1両(163)が用意されました。都合3両、なのでこの日、阪堺電車には百数十名の南海ホークス愛好家が集結した事になります。世紀の企画、花咲かす。これを快挙といわずして・・・。

午前の沿線で、いきなり旧知のG君に遭遇。今日のイベントに参加されるそうです。羨ましいなぁ・・・。後で話聞かせてなぁと言いつつ見送り、電車を待つ事にします。

H001
2011年1月 聖天坂-天神ノ森
一番手は団体の方の163号。濃緑色が似合います(^^)。

H002
2011年1月 聖天坂-天神ノ森
続いて国旅1両目、170号が通過。カッコええなぁ。

H003
2011年1月 天神ノ森
カーブを抜けて165号。これで3両揃いました。

南海ホークスさあ行こう!

H004
2011年1月 綾ノ町
イベント入庫に先行して堺へ。球団旗には選手、関係者の方々のサインがいっぱい。163号の団体さんは、非常に装飾が凝っています。

H005
2011年1月 綾ノ町
続いて170号も浜寺へ。沿線にもファンがいっぱい。大和川ではホークスの旗を振って見送られていた方もいたそうです。この画像右側でカメラを構えている方も、南海の帽子を被っておられます(^^)。

立地的に大阪球場へは鉄道線(本線、高野線)で行く事が多かったのですが、軌道線もちょくちょく利用して行きました。デーゲームの済んだ後、古本屋さんとか日本橋を寄り道しながら帰るというパターン。またナイターの時は試合前に、逆のコースで蔵前通に向うという形。特に中高生の頃は多用しました。なので阪堺線と大阪球場をセットしての思い出は、夏場の夕方の斜光線が思い浮かぶという感じでしょうか。個人的に一時、阪堺線で観戦に行くと、妙に勝率の良い事があったので(特に80年前期と84年)、ゲン担ぎの意味でも利用した気がします。まぁそんなもんで勝負事はどうにもならんのやと、毎年6月に入れば思い知らされたものですが(^^;。
また上町線経由でのルートは、藤井寺の帰りにしばしば利用。特に南海天王寺線のカット後は重宝しました。80年代の近鉄ビジターは総じてロクな思い出がありませんけど(^^;、観戦の余韻を冷ましつつ帰宅するには、電車の窓から入る夜風が心地よかったものでした。

H006
1984年
阪堺線経由で大阪球場に行っていた証拠ネガ(笑)
161形でパチパチ撮った後にナイター。ピッチャーは山内孝徳選手です。阪堺電車に冷房車が入ったのはこの翌年で、当時は夏の夕方にも161形が普通に運用されていました。また運賃は2区間がちょうど200円だった時代。今回の運賃改定は、四半世紀前の水準に戻った事になります。つい昨日みたいに思っていますが、それなりに時間が経っているワケですね(^^;。

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0349】好調続く敬老優待 | トップページ | 【0351】OB選手もご参加 南海ホークスツアー電車(2) »

沿線の話題」カテゴリの記事

阪堺電車よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0349】好調続く敬老優待 | トップページ | 【0351】OB選手もご参加 南海ホークスツアー電車(2) »