« 【0318】年末年始(9)車内での会話から | トップページ | 【0320】年末年始(11)お泊りはサンルート堺 »

2011/01/17

【0319】年末年始(10)広がるチン電ファン

このところ阪堺電車にカメラを向ける女性、記念写真を撮る女の子等が増えており、正月にも多数の方がいらっしゃいました。長年チン電の沿線にいますが、以前はあまりなかった展開です。

V004
V005
2011年1月 住吉交叉

これはどういうことかいなと、周囲の女性等に意見を聞いてみますと、結構シンプルな返事が返ってきています。

10代女子
「チン電、かわいいやん」
「かわいかったら、そら女の子は行くやろ」

30代女子
「いままでマニアの人しかカメラ持ってへんかったけど、今はデジカメあるし」
「子供が好きなもん、お母さんかて興味あるわ」

ウチの40代女子(^^;
「電車好きなんは、マニアだけ違うと思うで」
「マニアばっかりおったから、普通の子が近づきにくかっただけやろ」

だそうです(^^;。
顧みるところ色々・・・というのはともかく(^^;、説得力ありました。女性の視点で評価されないモノは世の中から置いていかれますし、阪堺電車にとっては有難い話だと思います。実際に乗客の女性が大半という事もしばしばあります。

鉄子さんブームというのは、ブームである以上は一段落する事もあろうと思いますが、デジカメや携帯の普及率が大きく低下する事は当面考えられませんし、こういった光景は、今後も続くのではないかと思います。

一方で、子供さんのチン電ファンも増えているようです。
もともと子供は乗り物が好き・・・というイメージが強いのですが、少子化もあってか大阪駅等でカメラを持った小学生の姿を見かける事は減ってきています。また路面電車については、もともと派手な存在ではないので、趣味の入口から強く興味を持つ子供さんは少なかったのですが、このところの阪堺電車、チビちゃんのファンも目立って増えております。

V006
2011年1月 住吉交叉
熱心に先頭にかじりついています。
お兄ちゃんはビデオを片手に、運転士さんの動きにも興味しんしん。弟くんは、ようやく窓に背が届くようになった頃かな?

ここでもカメラの普及が要件の一つになろうかと思いますが、路面電車に興味を持つと、そこから先は車両だけでなく、自然に街の様子や人の姿なども目に入ってくることになります。これを社会の教材とか言い出すと話が大層になりますが、関心のあるものから、知識や感性の幅を広げていくのは好ましい事だと思います。この日に撮った画像は、時間を経るにつれ貴重なものになっていきますので、大切に残しておいて欲しいものです。今、この子らが乗っている電車は、おじいちゃんより少し年上の車両になるのでしょう。

V007
2011年1月 住吉交叉
ぐずっている坊やが、カラフルな電車を見てニコニコしだす光景は、チン電の周辺ではおなじみになっています。
年齢的に、流石に記憶には残らないかも知れませんが、この子が大きくなる頃には、もっと元気な阪堺電車になっていて欲しいですね。

V008_2 
2011年1月 住吉交叉
最後に大きなお友達(笑)。

正月には全国から多くの電車ファンの方が住吉に。その後の飲み会も含め、いろんな方とお話させていただきました。まずは存続方針に安堵し、その上で堺市の支援策、阪堺南海の積極策を讃える声が聞かれました。昨年は正直言ってお通夜みたいな状況で飲んでましたので(^^;、その点では夢のようなお正月でありました。

V003
2011年1月 住吉交叉

沿線には多数のカメラマンがいましたが、目立った混乱は聞いていません。前向きな気持ちでの正月ですので、みなさん気持ちにも余裕があったのではないかと思います。限定塗装車が多数居た割に、やさしい人が集まっていた感もあります。廃止直前とかの路線では、一気に雰囲気がヤバくなるとか聞いておりますので、そういう人には来て欲しくないというか、お越しいただかないで済む状況が続く事を祈りたいものです(^^;。

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0318】年末年始(9)車内での会話から | トップページ | 【0320】年末年始(11)お泊りはサンルート堺 »

チン電のポテンシャル」カテゴリの記事

阪堺電車よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0318】年末年始(9)車内での会話から | トップページ | 【0320】年末年始(11)お泊りはサンルート堺 »