« 【0304】新年もよろしくお願いいたします | トップページ | 【0306】福助電車(1)盛大に出発式 »

2011/01/07

【0305】新ポスターと団体名の変更について

初詣輸送も一段落し、沿線も当方も通常モードに戻ってきました。ようやく新年初の書き込みとなります。ペースの遅いブログで恐縮ですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。m(..)m

P001
2011年1月 天王寺駅前(2点)

【0304】でお伝えしました通り、チン電応援のポスターを新調させていただいております。これまでは阪堺線の存続をメインとした文言でしたが、この件については一応の(あくまでも一応、ですが)方向性が示されていますので、ここからは前向きな内容のものを、本年の阪堺線開通100周年のお祝いも併せて作成しようと相成った次第です。
意匠は画像の通り2種。年末以降、電停や沿線のお店などを中心に掲出いただいております。阪堺電車ご利用の際には、どうぞご覧くださいませ。今回も作成、掲出に際しましては、阪堺電気軌道㈱をはじめ、多くの方々にご協力いただきました。皆様には厚く御礼申し上げます。

また新ポスターにある通り、ワーキングの団体名も変更させていただきました。
新名称は【RACDA 大阪・堺】 (Rail transport system,Amenity and Community Design Association、Osaka・Sakai)です。

阪堺線が危機的状況を一応クリアし(これもあくまでも一応、ですが(^^;)、私達も活動の内容や幅を広げていこうとする中で、いつまでも「存続検討」ではないのだろうという意見が内外から出て参りました。新名称とするにあたりプランは無数に出てきたのですが、諸案を検討する中で、RACDAを希望する声が強く出て参りました。RACDAさんと言えば、申すまでも無く岡山(NPO法人 公共の交通ラクダ様)、高岡(路面電車と都市の未来を考える会 高岡様)の2つの大きな存在があります。長年に亘る幅広い活動で、全国の公共交通市民団体の中心としても知られる岡山の皆様と、阪堺線以上に困難な状況だった万葉線の存続に立ち上がり、成果を残し前線で活動を続けておられる高岡の皆様には、昨年の路面電車サミットはじめ様々な局面でお世話になっており、私達が活動を行う上での目標の一つでもありましたので、ここでもあやかりたいという思いが、メンバーの胸にあったものです。年末、RACDA会長の岡将男様にご相談申し上げましたところ、ご快諾いただけましたので、新年を期に変更させていただいた次第です。
RACDAの名前を冠する事の重みは、重々承知しているつもりですが、現状の私達との力の開きについて、今後思い知らされる事も多々あろうと覚悟しています。ですがハードルは、なんとか越えられそうな範囲で高く設定しておいた方が良いのかなと、ここは前向きに捉えたく思っているところです。

「阪堺線存続検討ワーキンググループ」。無骨きわまりないこの名称(^^;にも、一定の愛着が出てきたところではありますが、ここは一つの区切りとしまして、電車と街、また多くの皆様と共に、次の時代に進んでいきたいと思っております。今後ともご指導ご教示の程、何卒よろしくお願い申し上げる次第です。

年末31日、東湊で電停ポスターの貼替に遭遇。ちょうど旧ポスターが外されるところでした。裏面には「3月10日カラ当分の間」と記されています。こんなに色が褪せるまで、10ヶ月がんばってくれたんやなぁと思うと、感慨深いものがありました。雪も舞う寒風の大晦日、このまま廃棄されるのは可哀相になったので、お願いして頂戴してきました。チン電関係のガラクタは家に山ほどありますが(^^;、これは特別な存在になりそうです。

P003
長期間の電停掲出でしたが、落書や悪戯は全くありませんでした。皆様のご理解に厚く御礼申し上げます。新ポスターも、どうぞ可愛がってやって下さい。

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0304】新年もよろしくお願いいたします | トップページ | 【0306】福助電車(1)盛大に出発式 »

ご案内」カテゴリの記事

公共交通」カテゴリの記事

阪堺電車よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0304】新年もよろしくお願いいたします | トップページ | 【0306】福助電車(1)盛大に出発式 »