« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »

2010年10月3日 - 2010年10月9日

2010/10/09

【0228】レア塗装はⅤ塗り! 164号塗替

先週のリリース( 【0222】参照)で話題となっていたレアカラー復活車の詳細が、今夕明らかになりました。
今回の復元塗装は、1985年に実施された試験塗装車です!

阪堺電気軌道様サイト>レア・カラー塗装電車復活 アイツが帰ってきた!
http://www.hankai.co.jp/topics/pdf/101007.pdf

164

また予想図を描いてみました(^^;。
(画像の無断転載はお断りします。当画像は作成者(管理人K生)のイメージであり実際の計画とは関係ありません。事業者様、その他へのお問合せはご遠慮下さい

よくこの色にスポットを当てたと思います。コレ、本当にレア塗装です。何人の方がご記憶でしょうか・・・。

軌道分社後の阪堺電車では、雲形塗装のスポンサー解消(立石電機)が進行、個別広告が全体に波及する前夜の時期で、無スポンサー車の塗装についての試行錯誤が続けられていました。80年代初頭にはオレンジ1色(504号)、濃緑1色=扉ニス省略=(305号)等のバリエーションが見られましたが、定着に至りませんでした。そんな中で167号に実施されたのが、この濃緑に黄色の帯の塗装でした。第一印象は黄帯が神戸市電みたい、正面Ⅴラインは広島の電車みたいだなと、そんな記憶が残っています。

なかなか面白い塗装だなと思っていたものですが、正面のⅤラインは極めて短期間で解消される事になりました。初めて見たのが85年の5月連休位だったと思いますが、その後何度か目撃した後、しっかり撮ろうとカラーポジを用意して撮影に出たら、既に前面は1本ラインに変更されていました。結局、手元にⅤの写真は何気なく撮ったモノクロ1枚しか残っていません。試験塗装って油断できないなぁと思い知ったものです。

1671985s

1985年5月 我孫子道 C#167
(画像の無断転載はお断りします)

ほどなく現標準色が決定され、黄帯1本ラインも1987年の塗替時に解消されました。短期間しか存在しなかった塗装ですが、どんな話題でも活性化の題材にする事が求められている昨今の阪堺電車において、このカラーが持つ価値に着目された担当者の方には、心から拍手を送りたいと思います。
改めて上掲リリースを読みますと、何とか電車を盛り上げたいという意欲が、行間から滲み出ているように感じます。大手私鉄のように洗練されたリリースではないかも知れませんが、こういう企画を実現させた担当者の方と、それを後押しした会社には、明らかな変化を感じています。その意欲的、積極的な姿勢に、チン電の今後を託したい気がします。

Ⅴラインの164号、通常運行は10月18日から10月31日までの14日間とされています。25年前と同じく、一ヶ月弱の限定バージョンになるようです。この車は昭和3年車のラストナンバー(初代170号)として製造され、これまでずっと、同形車の中でも地味な存在でありました。齢82にして得た2週間の晴れ姿です。全国の皆様、ぜひ会いに来てやってください。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

2010/10/06

【0227】東京都電 新車搬入に遭遇!

3日の夜は在京の読者の方々と一献させていただきました。
エエ機嫌で王子の街を歩いてますと、なにやら巨大な車列に遭遇しました!!!

N001
え? 今のんナニ?
深酒でトランス状態になったのかと焦りましたが(^^;;・・・

N002
続いてもう一台来ました。どうやら現実のようです。

追いかける事しばし、信号待ちで撮影に成功しました。

N003
N004
(2010年10月 都内北区)
都電8800形の新車搬入でした。車番は確認できませんでしたが、8806号と8807号になるのでしょう。この2両は間違いなく国内最新の路面電車です。
いいものに遭遇できました。吉兆でしょうか(^^)。
いずれは大道筋でも、このようなシーンに遭える事を期待しつつ帰阪の途についた次第です。

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0226】新グッズ:電車ストラップの精密さ

先に【0220】でお伝えしました電車ストラップ、東京限定の3種盛りで購入してきました。

G001
ポストカード2枚付きです。

G002
アップ!
印刷の細やかさは驚異的です。行先表示、CI章とか乗降口はもとより、検査標記まで入っています。また台車もキッチリと作り分けられています。フレームは所謂「3枚におろした」状態ですが、台ワクには微妙にパイピングも施されています(床下は【0027】参照)。

G003_2
携帯が次第に重装備になっていきます(汗)

東京では161形が大人気で、大阪から持ち込んだ分はほぼ完売だった模様です。今後とも好企画が続けられるよう願っております。

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0225】都電沿線でみた参考事例~荒川線の日(3)

D001
会場には地元の商店、グループの方々も出展されていました。

D002
都電をモチーフとした商品も多彩。いろんな魅力が電車にはあるようです。

D003
地元周辺の観光案内 多くの人が手にとっていました。

D004
荒川線沿線ウォークラリー。検索すると興味深い話題がたくさん出てきます。まだまだ発展の可能性があるイベントのようです。

D005
これは7月の上京時、大塚駅付近にて見つけたもの。

D006
環境定期券の案内。

D007
周辺案内と一体になった電停掲示。使いやすそうです。

路面電車の特性を生かした可能性を考える時、移動手段、観光ツール、まち興し、環境、福祉等の様々な観点が挙げられますが、どれか一つを強調するあまり、他の特性を必要以上に否定してしまう意見が出てくるケースも生じるようで、阪堺電車の活性化に関しても、時に同様の傾向があるように感じています。
100年も走っている電車を一つや二つの観点だけで捉えてしまう事の無意味さは、冷静に考えれば容易に気付く事ができるだろうとは思いますが、多少の先入観を持ちつつ身近にあるものに対しては、なかなかそうも行かないのかも知れません。
そんな先入観が消えなくて・・・と悩んでおられる方には、是非一度、荒川線を見てきていただきたいと思います。沿線では様々な視点からのアプローチが、極めて自然な形で同居しています。できれば休日の午後と、一泊して平日の午前くらいまで、沿線をウロウロしてもらえれば、と思います。

荒川線の前身である王子電車、最初の区間(飛鳥山- 大塚)は1911年の開業で、見事に阪堺線と同じです。2011年には「荒川線&阪堺線の日」で、盛大なイベントが実施される事を期待しております。

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0224】活躍する阪堺色都電~荒川線の日(2)

C001
2010年10月 荒川車庫
イベントスペース前の巨大掲示。

C1012
地元ファンの方のハンドメイドによる大型模型。阪堺色の電車も並んでいます。

C002 
2010年10月 荒川車庫
阪堺色7511号は撮影会後半から登場。都電旧塗装の7022号とツーショット

C003_2
2010年10月 荒川車庫
リクエストに応えて行先を変更。あびこ道入庫が出ました(^^)。
今回使用された方向幕は、阪堺電車で実際に使われていたもののようです。

C004
2010年10月 荒川車庫

出た!浜寺駅前
後方にいたママ鉄さんから嬌声も聞かれました(^^;。表示は短時間でしたが、みなさん撮影できましたでしょうか?

C005
2010年10月 荒川車庫
イベントスペースではビリケンさん、ラピートちゃん(♀)、ノッポンくんが登場。記念写真タイムの後、南海阪堺沿線に関するクイズ大会が行われました。

C006
2010年10月 荒川車庫
クイズ優勝者の賞品は、なんと貸切電車一往復ご招待でした。
起用されたのはもちろん阪堺色の電車。ギャラリーに囲まれながら出発していきました。

C007
2010年10月 荒川車庫前-荒川遊園地前
沿線では7511の帰りを待つファンの姿も多数。貸切電車は町屋~王子あたりまで走っていたようです。

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0223】大人気のチン電グッズ~荒川線の日(1)

既報【0205】の通り10月3日、東京都電「荒川線の日」イベントが実施され、阪堺&南海からもブース出展が行われました。写真主体でご紹介します。

T101

T102
2010年10月 荒川車庫前

開門少し前、既に多数の人が詰めかけていました。手前が撮影エリア、保存車の奥がグッズ、展示エリアになります。

T103
2010年10月 荒川車庫
グッズ、展示エリアでは行列が延々。

T104
2010年10月 荒川車庫
今年は特にすごいやん・・・・。

T105_2
2010年10月 荒川車庫
ブース前の様子。阪堺は今年、3名の社員さんを投入。昨年までは確かお一人でしたので、意欲の程が感じられますが、今年は実際、3人で丁度くらいの盛況でありました。

T106
「大阪の路面電車、阪堺です」と盛んなアピール。カレンダー、新製品のストラップが人気を集めていました。社史、501形パンフ等も好調だったようです。

T107
堺市内の存廃問題に関心を持つ方も多かった模様です。今後の事はともかく、この日とりあえず、辛い発表の後という形にならなくて良かったなぁというのが率直な思いです。

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »