« 2010年9月19日 - 2010年9月25日 | トップページ | 2010年10月3日 - 2010年10月9日 »

2010年9月26日 - 2010年10月2日

2010/10/02

【0222】復刻塗装 さらに新種登場か?

501号【黄色】166号【黄緑】と相次いで復活した雲形塗装ですが、阪堺電車サイトの方でも、リリースが出ています。

阪堺電気軌道サイト>新しいカラー塗装車が登場しました
http://www.hankai.co.jp/topics/pdf/101001_3.pdf

~お知らせ~
この度、阪堺電車では166 号車・501 号車に懐かしい雲形カラー塗装を施しました。
雲形カラー塗装は、阪堺電車初の広告車両として昭和50 年に登場以来、「雲の電車」として皆様にご好評を頂き、広告が終了してからも標準塗装として運用を続けていました。
その後、広告車両が増えていく中で運用されなかった時期もありましたが、近年復活させたオレンジ・ブルーに続き、約20 年ぶりとなるグリーンが166 号車で復活です。
そして、501 号車にはレアなカラーが復活しました。かつて、たった数ヶ月しか運用されなかったイエロー。運用期間が余りにも短かったため、当時の写真はほとんど残されていません。
この機会に懐かしくてレアな雲形カラー塗装を、あなたのカメラに収めてみられてはいかがでしょうか?
※ 点検等により運用されていない場合がありますので、予めご了承願います。

色文字:上記リリース文より引用。

アピールの姿勢がいいですね(^^)。
もちろん復活塗装そのものにも喜んでいるのですが、今の状況、このリリース文が出た事を非常にうれしく思います。これからもバンバンやっていただきたい・・・と思っていますと、なにやら意味深な文章も書かれていますよ(^^;。

「アイツが、帰ってくる。あの時、僕たちの前に現れ、そして何も告げずに去っていった。そんなアイツが、帰ってくる・・・。」Coming Soon !

上記の雲形カラー塗装に加えて、さらにレアな塗装の電車が復活します!

現在、鋭意制作中。詳しくは、平成22 年10 月8 日(金)に、弊社HP 掲出予定のトピックス『レア・カラー塗装電車復活 アイツが帰ってきた!』をご参照下さい!!

色文字:上記リリース文より引用。

またまた何か出てくるようです! レアカラーとは何でしょうか? 車両は一体何番でしょう? 謎は深まるばかりです。

阪堺電車のイメージを覆すようなPOPな企画。ホンマに阪堺のリリースやろかとお思いの方も居るかも知れませんが、ホンマみたいです(^^)。
一時はどうなる事かと思っていた2010年10月、こういう報に接する事ができるとは夢みたいです。電車も街も、これからが肝心である事は百も承知でありますが、この件に関しては、ここでしっかりと喜んでおきたいと思っています。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0221】上町線:電化開業100周年

この10月1日も記念日でした。上町線が電化開業から100周年を迎えています。

U001
南海電車名所案内(大正初期)=部分=
(画像の無断転載はお断りします)

【0207】でお伝えした通り、1900年9月に大阪馬車鉄道としてスタートした路線は、後に大阪電車鉄道→浪速電車軌道と改組され、電化改軌工事中の1909年に当時の南海鉄道と合併しました。上町連絡線としての再スタートが1910年の10月1日で、南海による軌道線電車運転はこの日から始まった事になります。

馬車開業から丁度10年の後となる電化完成は、覚えやすい反面目立たないのが玉にキズですが、チンチン電車は1世紀、変貌する沿線を走り続けています。阪堺電軌(初代)との合併は1915年となります。

U002_2
南海本線、上町連絡線乗車券
後年まで続いた鉄軌道共通制度の嚆矢と言えるキップです。現在でも援用の可能性は充分にあろうと思います。

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0220】電車ストラップ3種:新グッズ発売

10月から新しいグッズも登場しています。電車&つり革セット携帯ストラップです。

阪堺電気軌道サイト>電車グッズ新商品発売について>電車&つり革セット 携帯ストラップ
http://www.hankai.co.jp/topics/pdf/101001.pdf

モチーフとなっている車両は、161形、501形、701形の3種類です。昨日実物を見てきましたが、非常によくできています。特に注目は台車で、3形式ともキッチリ作り分けられているのには驚愕しました。このサイズでは異例のこだわり感です。また車体関係の標記等も、可能な限り色が入れられています。このへんは技術の進歩を感じます。

価格は1個 600円、明日3日の東京都電イベントでは、3形式セット購入者に対し、阪堺電車オリジナルのポストカードのプレゼントがあるようです(先着順)。なので私も、東京で買う事にします(^^;。

G001
2010年10月 我孫子道 乗車券発売所
(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0219】資料写真について~2011カレンダー(2)

今回のカレンダーは阪堺線開通100周年に関し、コラム及び別頁1枚が用意されています。本企画については、阪堺電車愛好者の先輩方と共にお手伝いをさせていただきました。

お話を伺ったのは今夏の事。次回カレンダーでは阪堺線100年の歴史を振り返る企画を設けたく、資料渉猟中との由でした。チン電の大変な時期、何かお役に立てるなら光栄な事ですし、殊にカレンダーに関してはM.Hさんの熱意も目の当たりにしていましたので、先輩方とご相談、みなさんご快諾下さったという次第です。別頁スペースは8枚分という事で、以下の形式がセレクトされました。

電1形、モ101形、モ205形、モ301形、モ121形、モ251形、モ161形、モ501形

カレンダー頁の企画コラムは会社所蔵の資料が主体ですが、軌道線分社発足時(昭和55年)、堺まつり花電車(昭和51年)は愛好者の写真を掲載。夜市の写真は、戦前の大浜の画像を使用したかったのですが用意できず、【0021】の浜寺花火時の画像になっています。

阪堺線100周年の節目、存廃問題の只中、関係者のカレンダーへの想いと、様々なファクターがある中、長年に亘り南海軌道線、阪堺電車を見つめて来られた方々と共に、今回のお手伝いができた幸運に感謝したいと思います。ご協力、ご高配賜りました諸先輩、阪堺電気軌道の皆様に、厚く御礼申し上げる次第です。

C004 
これが特設頁です。ご興味を持たれた方は、是非お買い求め下さいませ(^^)。

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0218】2011年カレンダー(1)発売に寄せて

10月1日から、2011年版阪堺電車カレンダーの発売が開始されています。

阪堺電気軌道様サイト>電車グッズ新商品発売について>2011年版阪堺電車カレンダー
http://www.hankai.co.jp/topics/pdf/101001_2.pdf

メイン写真は例年通り2ヶ月で一頁の構成。写真撮影は阪堺のベテラン社員さんの手によるものです。ご担当者は毎日夜遅くまで激務に追われておられる中、公休日や早朝などに撮影された労作です。

C001
2010年10月 南霞町

良いカレンダーを作りたい、その思いには、たぶん理由があるのだと思います。

阪堺電車の公式カレンダーは2006年版がスタートでした。従来からこの種の企画への要望は寄せられていたようですが、スタッフの不足、売行き予想等の面から見送られていたと聞いています。
これに関し、精力的に行動を起されたのが沿線研究者のM.Hさん(【0107】【0133】参照)でした。カレンダーの構想をお聞きしたのは2004年の内だったかと思います。阪堺線堺市内の将来を危ぶむ報道が伝えられる中、チン電と沿線の魅力を多くの方に伝えたいとプロデュース全般を担当され、撮影から書店への追加対応までの業務を自ら買って出られました。初年度は万一赤字が出た場合、自身でフォローしても良いという覚悟を以って臨まれていたと仄聞しています。

こうして世に出た阪堺電車の公式カレンダーは、幸いにして好評を博し、その後も継続して発行される事になりました。順調でしたら本年に至るまでM.Hさんがプロデュースされていた事と思いますが、その後M.Hさんは体調を崩されてしまいました。
2008年夏、翌年のカレンダー用表紙の撮影とカット選定を終えてご入院されたM.Hさんは、常に企画の進捗状況を気にかけておられました。少しでも元気になってもらえれば、と阪堺電軌の方でも、例年より早めに色校正を進め、見本を携えてお見舞いに行かれていたものです。

C002
2008年8月 車両区
(2009年用カレンダー 表紙写真バックアップ)

プロデューサーを失い、途絶も案じられた公式カレンダーですが、2010年版も無事に発行されました。これは冒頭に記したベテラン社員さんをはじめとする会社の方々の、継続への強い意志によるものに他なりません。新体制での刊行となって2回目、この2011年版の表紙には【阪堺線開通100周年】と大書されています。いま、様々な思いが脳裏を駆け巡っています。

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0217】大道筋:保線準備?

市議会の議決とは直接関係はないと思いますが、1日、大道筋で線路関係の検査(?)が行われているのを目撃しました。

R001
2010年10月 大小路-宿院

R002
2010年10月 大小路-宿院

詳細は不明ですが、器具を見るとゲージ関係の検証か何かでしょうか。
堺市内、特に大道筋の線路状況には疲弊の色が濃い事は周知の通りですが、ようやく手を打ってもらえるのかも、と期待が湧いて来ました。しっかりとした線路で、明日に繋がる阪堺線になりますように・・・。

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0216】チン電を用いたロケーションサービス

「てっぱん」は今から半年に亘り放送されます。阪堺電車と沿線の良さを、全国にアピールしていただきたいものです。
阪堺電車はロケ等にも用いられる機会が多く、とても全部はフォローしきれないのですが、近年で記憶に残る事例をご紹介しておきます。

●ありがとう、オカン2008年(関西テレビ)
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2008/08-259.html
主演は大竹しのぶさん。関西テレビの開局50周年記念で話題になった番組で、この時も161形が大量に出演しました。松虫のホームが舞台の一つになっており、駅名標は「南天下茶屋」と記されていました。放送日直前には阪堺電車で、巨大広告ステッカーを掲出した電車も運転されています。

●あなたの人生お運びします2003年(毎日放送)
http://www.tbs.co.jp/ohakobi/contents.html
ほぼ毎週、阪堺電車が登場して話題となったドラマです。主演は藤原紀香さんで、北天下茶屋のホームに降り立ったカットが印象に残っています。やはり161形が多用されましたが、貸切電車を走らしての阪堺線空撮シーン等もあり、放送局の勢いに感心した記憶があります。

●浪花少年探偵団 2000年(NHK)
http://www.nhk.or.jp/drama/archives/naniwa/story/7_off1.html
第7話で大和川電停から我孫子道にかけてがロケ地となりました。山田まりあさん主演。車庫内では174号電車を用いた幻想的な演出が行われていました。登場した174号のカットボディは後に、深井の喫茶店でお店の看板として活用されています。

●映画「大阪物語」(1999年 東京テアトル)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E7%89%A9%E8%AA%9E_(1999%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)
監督は市川準さん。ミヤコ蝶々さんの好演が印象深い作品でしたが、阪堺電車も度々登場します。
一般には池脇千鶴さんのデビュー作として知られているようです。彼女が佇んでいた綾ノ町電停上りホームのベンチは、今もそのまま残っています。

南海グループでもロケ誘致に力を入れており、直近の例は南海ロケーションサービス社のサイトで確認できます。

南海ロケーションサービス様サイト>ロケーション紹介>路面電車
http://www.nankai.co.jp/groupinfo/location/spot/romen/index.html

電車や沿線が持っている雰囲気には、結構価値があるようです。普段は身近すぎて見落としそうな視点を、テレビの画面が気付かせてくれるかも知れません。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0215】NHK朝ドラ:阪堺電車登場

月末から始まりましたNHKの朝ドラ「てっぱん」ですが、1日放送分では冒頭から阪堺電車が登場。161形の活躍が全国に流れました。

あかりちゃん(ヒロイン)が大阪のおばあちゃん宅を訪問するというシーンで、天王寺駅前から乗車していました。
私は昼食時にチラッと見ただけなんですが、おばあちゃん宅は上町線沿線に設定されているようです。

音楽祭の頃から地元方面では、朝ドラが来るらしいという話が聞こえていましたし、夏場の早朝、161形が大挙して出庫していたという話も伝わっています。予告編で一瞬、161形の車内が映ったこともありましたので、いずれは出てくるだろうと期待していましたが、想像以上に早かったようです。
ドラマ自体も、あかりちゃんは案外早く尾道から大阪に引っ越してくるみたいですから、今後も阪堺電車の出番がありそうです。見れる環境にある方は、引続き期待してお待ちください。

NHKオンライン様サイト>ドラマ>「てっぱん」特設
http://www9.nhk.or.jp/teppan/

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0214】堺・アセアンウイーク2010開催中

アセアンウイーク2010が開催中です。阪堺電車関連の話題を2件

堺市役所1階での展示。各国のポスター等が飾られていますが、ホスト堺市の展示では阪堺電車の出てくるパネルが2枚!

A001

A002
2点 堺市役所1階ロビー

また阪堺電車、南海電車では車内、駅頭にポスターを掲出。下部には「まん福チケット」PRも出ています。

A003

2010年9月 C#601

アセアンウイークは10日まで。詳細は下記をご参照ください。
堺市ホーム>国際文化部(国際課)>SAKAI ASEAN WEEK 2010
http://www.city.sakai.lg.jp/city/info/_kokusai/asean_week01.html

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0213】堺市支援策可決:新聞報道(10月1日)

補正予算可決に関し、阪堺線関係で新聞報道された内容を以下に記します。
一部、30日NHK報道【0212】と重複します。

============================
○補正予算概略

一般会計補正予算案を可決 阪堺線関係7500万(各社)
安全運行確保経費6000万、利用者拡大支援1500万(毎日、産経)
可決は全会一致(朝日、読売)

○年度初からの経緯

今年度当初予算での補助1億6000万 これまで支出凍結中→解除の方向(朝日)
当初予算、補正合せて今年度2億3500万を確保(産経)
6月発表支援策案に対し、阪堺は市議会の動向を見た上で合意、としていた(読売)

○事業者の反応

市の支援開始により路線維持へ(日経)
2011年4月以降の存続 10月中にも阪堺と堺市で正式に(朝日)

○具体的施策

来年1月から運賃軽減(朝日、読売)
高齢者利用割引(産経)
大阪市内-堺市内 1区200円に(朝日)
堺市は近く大阪市に阪堺線利用促進策の協議申し入れ(朝日)

○市議会の付帯決議

市議会決議は5会派(読売)
市総合都市交通計画の早期策定(毎日)
支援策の定期的検証、効果測定(読売、毎日)
大阪市、阪堺・南海に利用促進働きかけ(毎日)
阪堺線単独の公有民営化には慎重に対応(読売、毎日)

○竹山市長コメント
これで存続していただけると思う。市民にいかに利用してもらうかを考えていきたい(読売)
市民の熱い思いが議会の同意を得るエネルギーになった(毎日)
これで10年間OKということでなく、経営改善状況を毎年チェック(毎日)
利用客増加策や総合的交通体系のあり方を早急に示していきたい(産経)

============================
=各社共通:2010年10月1日付 大阪本社=
読売新聞:14版29面(堺泉州)
朝日新聞:14版35面(社会)
毎日新聞:14版23面(堺泉州)
産経新聞:15版24面(堺泉北)
日本経済新聞:14版43面(近畿経済B)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

2010/09/30

【0212】堺市議会:当年度補正予算承認

堺市の9月度議会は本日最終日を迎え、本会議で採決が行われました。
本日18時のNHKニュース(ニューステラス関西)で報道がありました。

阪堺線支援の当年度補正予算(7500万円)は全会一致で可決されたとの事です。補正予算は保守費用(線路・保安関係)6000万円、利用促進支援策(運賃割引等)1500万円と報じられました。この中には国の補助も入っていると思いますが、これについては触れられていません。

また関連して付帯決議が議決されたとの事です。6月に堺市側から示された10年約50億(国の補助含む)の支援計画案について、慎重な協議を求めるというものであったようで、市内交通網の総合計画の早期作成、定期的な支援効果の検証、具体的な経営方針の確立を事業者に求める等の内容であったと伝えられています。

竹山市長はインタビューに対し、まず阪堺電気軌道(南海を含む広義の事業者を指すと思われます)の経営努力の必要性を挙げた上で、利便性の向上、利用増への取り組みの検討を市民と共に進めていく必要性について言及されていました。

これを受けた阪堺電気軌道のコメントとして、先ず補正予算の承認議決についての謝意を述べ、今回議会で挙げられた要望を精査、社としての考えをまとめた上で、早急に市側と協議を行いたい、との内容が伝えられています。

NHK大阪放送局様サイト>ニューステラス関西>9月30日 堺市議会本会議採決
http://www.nhk.or.jp/osaka-news/index.html

注目された9月30日でしたが、とりあえず本日のサドンデスは避けられたようです。付帯決議の詳細は公開されておらず、慎重な協議という表現は微妙なところではありますが、もとよりいきなりの満額回答は難しいと予想しておりましたので、以降前向きな議論によって肉付けされていく事を期待しております。

堺市役所および南海電気鉄道、阪堺電気軌道サイトでは、今夕時点でリリースは出ていないようです(最終閲覧20:30)。付帯決議その他も含め、明日以降の報道を待つ事としましょう。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

« 2010年9月19日 - 2010年9月25日 | トップページ | 2010年10月3日 - 2010年10月9日 »