« 2010年4月11日 - 2010年4月17日 | トップページ | 2010年5月2日 - 2010年5月8日 »

2010年4月18日 - 2010年4月24日

2010/04/24

【0063】ご協力者いただけるスタッフを募集しています

先頃から当ワーキングの活動について、お手伝いのお申し出で、お問合せを頂戴しております。本当にありがとうございます。皆様のご理解とご協力に厚く御礼申し上げます。

バタバタと立ち上げた阪堺線存続活性化活動、まだバタバタし続けておりますが(^^;、少し体制も整って参りましたので、ご賛同、ご協力いただける方の募集を始めたいと思います。

つきましては当発言【0063】のコメント覧に、「スタッフ希望」と明記いただき、お名前とメールアドレスを入力(これは送信時に必須となっています)、よろしければ連絡先をお書き添えの上、送信していただきたく存じます。(ご送信の際、「スパム防止」として文字列の入力を指定する画面が表示されます。ご了承下さい)。

ご送信いただきました内容は、メールと同様に取扱います。ブログ上での公開はいたしません。
当ブログのコメントは、管理人(私K生)承諾による公開制となっていますので、送信後即反映される事はありませんので、ご理解下さいませ。

内容を確認次第、管理人(私K生)からメールにて、ミーティング予定、その他のご連絡をさせていただきます。当方の事情により、ご連絡に多少お時間を要する場合もあろうかと思いますが、この点何卒ご了承賜りますよう、お願い申し上げます。

念のため申し添えておきますが、スタッフにご応募いただきましても、特典とか役得は全然ありません(^^;。というか時間、手間、若干のお金等、持ち出し状態になろうと思います。この点、予めご承知おき下さいませ。
私個人の意見なんですが、普段の仕事等では接点がなかったであろう様々なお立場の方と、いろんな観点からお話をさせていただく機会を得られている事が、ワーキングに携わっていて一番意義深い事なのではないかな、と思っております。こういった考え方にご興味をお持ちの方に、是非お会いしたいと考えております。

阪堺電車とその沿線に愛着をお持ちの方、公共交通と街のあり方に関心がある方、どうかお力添え下さいませ。よろしくお願い申し上げます。

※本発言のコメント欄は、スタッフ募集に限定させていただきます。一般コメントをいただける場合は、カテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧の上、他の発言にお願いいたします。

| | コメント (0)

【0062】5月9日沿線清掃 行程のご案内

先に一報をお伝えしました「第2回沿線清掃」についてご案内いたします。

日時:5月9日(日) 10:00~
集合:紀陽銀行 堺支店前
(阪堺線 大小路電停 東歩道)

予定内容は沿道および線路内の清掃(大小路~宿院)と、大小路、宿院両電停の塗装です。
当日のご参加状況によっては、沿線清掃の範囲を若干拡大できるかも知れません。

先般より阪堺電気軌道様のご協力により、各電停にもチラシを掲出していただいております。こちらの方もどうぞご覧下さい。

Kasumi2

(2010年4月 南霞町)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0061】まん福チケット 山陽・阪神版発売開始

21日から山陽電車・阪神電車の主要駅で「まん福チケット」の発売が開始されましたので、初日に早速購入に遠征してきました。

チケット絵柄は先の南海電鉄リリースの通りで、阪神版と山陽版では、阪堺電車の写真も違ったものが使用されていました。山陽版は166号、阪神版は168号で、それぞれ山陽5030系、阪神1000系と一緒に登場しています。

3
左から山陽(全線)、同(明石以東)、阪神

阪神・山陽の各駅には「まん福チケット」のパンフが置かれており、表紙に阪堺電車がドーンと登場しています。他社エリアで見る161形はなかなかエエ感じです。電車は166号。正月に出て来なかった時は気がかりだったものが、いきなり主役になっております。最近快調に出庫している6番、ちなみに昨日も乗車したら出てきましたが。

パンフは「まん福チケット」にも同梱されており、内容は下記pdfでもご確認いただけます。南海電車は「歴史ナンバーワン」、阪堺電車は「癒し度ナンバーワン」、南海バスは「黄金度数ナンバーワン」等と紹介されています。プロのライターさんの表現は流石ですが、こういった前向きの姿勢が、今の沿線に必要なものの一つなのではないかとも感じます。

山陽電気鉄道様サイト
お得なきっぷのご案内>堺・住吉まん福チケット
http://www.sanyo-railway.co.jp/dentetu/free_tickets/pdf/hankai_manpuku.pdf

電車以外にも、かなり充実したパンフになっています。大阪側、堺側を問わず阪堺電車沿線にはいろんな見所があるのですが、地元にいると身近すぎるのか、なかなかその価値に気付かない事もあるようです。近場の風物に対し、こんなんが観光ネタになるのかな? と疑問に思っておられる方も居られると思いますが、実際に観光ネタになっている事を示す例が現在、阪神梅田-山陽姫路までの各駅ラックに並べられています。機会があれば是非シーサイドエクスプレスに乗って、これを確認してきていただきたいと思います。阪堺電車とその沿線、もっと自信をもっていいと思います。

Photo
2010年4月 山陽電鉄 明石

(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

2010/04/20

【0060】商工会議所 阪堺線存廃問題に提言の意向

堺商工会議所でまとめられた今年度の事業計画に、政策提言力の強化が掲げられ、そのテーマに「阪堺線存廃問題」「堺市の総合的な公共交通」「都市計画」といったものが挙げられているそうです。外部有識者を加えた「政策プロジェクトチーム」を設置し、調査研究を実施、提言が行われるようです。
(参考:毎日新聞大阪本社 2010年4月15日付朝刊 14版21面(地域))

ここでも阪堺線存廃、交通問題に関しての動きが始まったようです。商工会議所には一定の影響力があるものと思われますし、この場でテーマとして掲げられた事に期待し、今後の動向に注目したいと思います。おしなべて物事にクールと言われる堺ですが、阪堺線の周辺では、少しずつ風が吹いてきたのかな、と感じます。

| | コメント (0)

【0059】庁内委員会、2回目の模様を公開

【0036】でお伝えしました堺市役所の「専門家ワーキンググループと庁内委員会」の第2回目の様子が公開されています。
堺市役所様 サイト
専門家ワーキンググループと庁内委員会の開催について
http://www.city.sakai.lg.jp/city/info/_tetuki/kaigi.html
第2回目専門家WGおよび庁内委員会

今回も先生方の意見が要約されている感じ(会議資料6)なのが惜しまれるところですが、資料は前回より充実しており、阪堺線輸送状況の一端が明らかにされています。
提示資料には調査から時間が経っているものもあり、改善要望として挙げられている項目の中には既に実現済のものもあったりしますが(天王寺-浜寺直通とか、長距離定期運賃の引下げなど)市民提案のネタとして参考になるものも含まれているのではないかと感じます。

その市民提案、〆切が迫ってきました。21日(水)必着となっていますので、検討中の方はお早めに応募下さい。いろんな意見が寄せられる事に意義があると思います。煽るつもりもありませんが、電車や街が崩壊してからでは、意見を出したいと思っても手遅れですから・・・。

| | コメント (0)

« 2010年4月11日 - 2010年4月17日 | トップページ | 2010年5月2日 - 2010年5月8日 »