« 2010年4月4日 - 2010年4月10日 | トップページ | 2010年4月18日 - 2010年4月24日 »

2010年4月11日 - 2010年4月17日

2010/04/17

【0058】I LOVE チン電キャンペーン! 阪堺南海共同企画実施

タイムリーな企画が実施されます!
阪堺南海の共同による
「I LOVE チン電」を謳ったキャンペーンです。期間は4月29日から9月末です。

南海電気鉄道様サイト
阪堺×南海共同企画「I LOVE チン電キャンペーン」を実施します(PDF:37KB)
http://www.nankai.co.jp/company/news/pdf/100416_3.pdf
(阪堺電気軌道 南海電気鉄道 連名リリース)

まず発表されたものは、以下の3項目です。

1)オリジナルロゴ入りTシャツの配布
2)オリジナルロゴ入りうちわの配布
3)オリジナルロゴステッカーの掲出

ロゴ入りTシャツは阪堺電車のイベント参加者に配布されるとの事で、既報の「阪堺縦断ウルトラクイズいちびり検定」をはじめ、阪堺の「路面電車まつり」「阪堺電車で堺を巡るツアー」でも実施されるとの事です。
路面電車まつりは6月6日開催予定、堺ツアーは南海主催で6月中旬実施予定とされています。

ロゴ入りうちわは阪堺の貸切電車の利用者に配布。先着4000名となっています。ザッと考えて100回ぶん位のイベント運転が対象になるのかな、と思います。うちわを片手に夏場の161形を楽しむのも一興でしょう。

車両面で注目されそうなのはロゴステッカーの掲出です。ロッキー電車みたいな大型版になるのか、それとも以前に阪堺マークが出された時のように戸袋あたりに張られるのか、あるいは前面掲出になるのか? いずれにせよ乗客、沿線市民の目に触れるものですので、大きなアピール効果が期待されます。

一連の企画の目的については、リリース文に以下のように記載されています。
「南海グループの3か年経営計画「堅進126計画」における5つの基本方針の1つ「沿線活性化の推進」の具体的な取組みとして実施します。阪堺電車をご利用のお客さまや沿線住民の方々に、堺市内や大阪市内の下町を走るチンチン電車の存在を再認識していただき、同線の魅力を広く感じていただくことや、ファンの拡大を目的としています。」
「」内
、上記リリースより引用

内容もさることながら、南海阪堺のこういう企画、こういう姿勢を待っていたという人も多い事でしょう。今後も様々なバリエーション展開が期待できそうです。9月末まで、目一杯の奮戦を切に願います。

| | コメント (0)

2010/04/16

【0057】駅からecoマップ 堺市内優待

昨年から実施されている「堺eco観光」、関連チラシで阪堺電車が大きく扱われています。

ここまで確認できたチラシは「南海七道~JR百舌鳥」「JR市駅~南海中百舌鳥」の2編ですが、地図内で阪堺線区間が大きく扱われている他、裏面には阪堺電車あれこれというコラムも用意されています。これらの内容は、堺市博物館協力、堺市観光部監修との事です。

地図中では市内のいくつかの施設、店舗が紹介されており、このチラシ持参者には優待サービスが実施されているとの事。これは特筆しておきたいものです。
先のまん福チケット等をはじめ、公共交通利用者に対して優遇サービスが行われる例はしばしば見られますが、その拡充を期待すると、制度設計的な面での限界を指摘される事もあると言われます。今回のチラシでは、駅頭で配布されているフリーのチラシでも、そういったサービスが実現できるという例が、いま堺市内で運用されている事が示されている事になります。目立たない例で、私自身もつい最近まで気付いていなかったものですが、これが可能なのであれば、じゃあテクテクきっぷでも堺都心フリーでも、やろうと思えばできるのではないのかな、それでお客さんが増えるのであれば、参加してくれるお店も出てきてくれるんじゃないのかな等と、ちょっと思いを巡らしたくなったりします。

Ecomap01

Ecomap02

このチラシ、南海電車や阪和線の駅ラックで、まだ入手可能ではないかと思います。遭遇された方は、一度お手にとってみてください。阪堺線再生のプランが何か浮かんでくるかも知れません。

堺eco観光

南海電気鉄道様サイト
http://www.nankai.co.jp/odekake/hiking/sakaieco/
堺市役所様サイト
http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/ecokankou.html
西日本旅客鉄道様サイト
http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1174258_799.html

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0056】まん福チケット 阪神版、山陽版設定

【0008】既報、好評の「堺・住吉まん福チケット」、阪神山陽版も設定されるようです。

南海電気鉄道様サイト
「堺・住吉まん福チケット」阪神版・山陽版を発売します!(PDF:35KB)
http://www.nankai.co.jp/company/news/pdf/100415.pdf

発売期日は4月21日~11月30日で、区間と料金は下記の通りです(大人のみの設定)。

【阪神版】1600円
阪神:全線(除 神戸高速線)

【山陽(明石以東)版】2200円
山陽:明石~西代
高速:西代~元町
阪神:全線

【山陽(山陽全線)版】2500円
山陽:全線
高速:西代~元町
阪神:全線

意匠は3種が新調されており、全てに阪堺電車の画が登場する様です。なので各発売駅まで買いに行かないといけません(^^;。

スルット系企画きっぷの相互乗り入れは多数の例がありますが、「堺・住吉」関係については前身の「なにわの日」きっぷを含めて初めてになるものと思います。阪神から直で来るのも初かな?と思ったのですが、「高野1day」は阪神発着分では大阪地下鉄がカットされているようで、阪神なんば線効果の2例目という事になるのかも知れません。
ゾーン入口は難波か汐見橋になるかと思いますが、是非阪堺電車にも乗って沿線を楽しんでいただきたいと思います。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0055】堺市内線路改修状況

その後確認されたものを2題。

・大和川2号踏切道

踏切舗装更新、またバラストも補充されています。

Yamatogawa2

2010年4月 高須神社-大和川
(画像の無断転載はお断りします)

・浜寺駅前分岐

ポイントが交換された模様です。

Hamaderaw
2010年4月 浜寺駅前
(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0054】大和川電停 工事続報

【0040】で既報の大和川電停付近の工事、その後の進展状況です。
まず2本併設されていた架線柱(我大22番A、B)、在来のものが4月初旬(たぶん先週月曜位)に撤去されました。続いて新設部分の舗装が行われ、先週後半には遮断機も設置されました。見た目では、ほぼ供用可能な状態になっていると思われます。

Yt1
2010年4月 大和川
(画像の無断転載はお断りします)

在来の踏切道(我孫子道3号)は移設されるのかと思っていたのですが、こちらは障害検知や反応灯が新調されているようで、引続き使用されるみたいです。歩車分離されるのか、または道路工事車両が新設踏切を通るのか。22番の架線柱が仮設扱になっているのがポイントかも知れませんが。また今のところ、新設踏切には踏切番号も付与されていないみたいです。「我3-1、我3-2」みたいになるのかなと予想していますが、反応灯の増設がなければ我孫子道3号の拡張という形になるのかも知れません。

Yt2
2010年4月 我孫子道-大和川(我孫子道3号)
(画像の無断転載はお断りします)

また関連して、大和川電停海側の築堤から高須神社方に降りる階段が閉鎖されています。乗降にあたっては一旦堤防を西側に進み、紀州街道に迂回する事になります。最終的にはスーパー堤防化される事になるようですので、この付近のアプローチがどうなるのか、興味深いところです。

Yt3

2010年4月 高須神社-大和川
画面左上が大和川電停(上りホーム)
(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0053】4月18日:浜寺公園スプリングフェスタ

浜寺公園で標題の行事が実施されます。中央エントランスで10時~15時まで開催。
チンチン電車を愛する会による、子供さんの制服写真撮影も実施されるようです。これ本当にかわいいですから、ご家族連れで是非お出かけ下さい(^^)。

Spfes
2010年4月 神明町
(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0052】玉出変電所 増築工事?

南海電鉄玉出変電所では先頃から工事が実施されていましたが、少し様子が見えてきました。北側に建物が増設されるみたいです。以前、低い建屋があったような記憶がありますが。

Tam01
2010年4月 玉出変電所
(画像の無断転載はお断りします)

玉出変電所は初代阪堺電気軌道の開通時に、同社第二変圧所として設置(第一は旧堺港付近)されたもので、南海合併後は鉄道線とも併せて給電に供され今日に至っています。煉瓦の建物は開設時以来不変で、これも来年には100周年を迎えるという由緒正しいもので、建築系の研究サイト等でも、しばしば話題にされているようです。
工事に関し現在、西側(阪堺線側)の門が封鎖されているようです。以前は時折、煉瓦の中の様子が垣間見えたのですが、当分これはお預けになりそうな気配。東側(高野線側)から見た煉瓦建物の様子に変化はなさそうです。

Tam02
2010年4月 玉出変電所
(画像の無断転載はお断りします)

Tam03
2010年4月 玉出変電所
(画像の無断転載はお断りします)

日程の表示を見ますと、本年11月頃まで工事が続けられるのではないかと思われます。今後も動向に注目していきたいと思います。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0051】601号塗替:チンチン電車を愛する会

601号が塗装変更されて出てきました。スポンサーは従来同様「堺のチンチン電車を愛する会 支援広告」ですが、意匠が変更されており、水色ベースに街の緑を配して塗装。これに円形のラッピングで市内の名所があしらわれる形になっています。地元協賛団体、企業名もラッピング処理のようです。
注目点は市内名所群の中に、161形のイラストが登場した事でしょう。従来にも電車をイメージした図案はいくつかありましたが、リアルな形で現有形式がデザインされたのは初めてだと思います。

601cm
2010年4月 東玉出
(画像の無断転載はお断りします)

チンチン電車を愛する会では発足以来広告電車が実施されていますが、これらは同会が直接スポンサーとなるのではなく、「チンチン電車を愛する会を支援します」という企業、団体の協賛によって実現しているのは、実車をご覧になった方はご存知だと思います。
この支援要請が実現しているのは、同会が堺市の関係公社を母体にしている事が効果を発揮していると思われます。この種の協賛は民間の団体が要請しても、なかなか応じてもらえるものではありません。これはワーキング等の活動をしていても、常に痛感させられているものでして、仮に担当者に趣旨を理解していただいても、一介の民間団体に対し、企業に組織として対応していただくまでにはハードルが多々ある訳で・・・。

そういった点からも意味のある「堺のチンチン電車を愛する会」の形成母体と活動については、昨秋以降の堺市の変動で、一部には継続を危ぶむ声もあったようですが、新年度も無事、新しい広告電車が登場してきました。なんとか阪堺線を残したいという竹山市長の意向もあっての事だと思われます。阪堺線が正念場を迎える今年度、「堺のチンチン電車を愛する会」の一層の活躍に強く期待を寄せたいところです。

C601new

2010年4月 東玉出
(画像の無断転載はお断りします)

例年ですと、塗装変更車の一両として眺めてしまいがちなケースですが、今年の601号については、独特の感慨を持って接する事になりそうです。長く印象に残る広告車になるのかも知れません。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0050】705号も出場

先に【0027】でお伝えしました2段ステップ改造車のラスト、705号も先般から本線に出てきています。前回のご報告以降、車内外に特に変化はなさそうです。

C705

2010年4月 塚西
(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0049】166号近況

車両の話題は楽しいな(^^)。

4月初くらいから、166号の姿をよく見かけるようになりました。年初からなかなか出庫シーンに遭遇する機会がなく(確か正月も予備待機のままだったと思います)、春くらいから沿線ファンの間では「6番見ました?」が挨拶代わりみたいになっていました。情勢を鑑みるに、今後の動向を心配していた人も居たようです。

なので3月後半、夜に我孫子道を通った際、翌朝出庫車の並ぶ一団に166を発見した時は正直言ってホッとしたものです。たぶん検査の都合で留置されていたのでしょう。最近の166はは僚車の中でも、よく出てくる方なのではないかと感じます。堺市内でもしばしば見かけます。

という事で、161形全車元気なようです。ご心配されていた方、どうぞご安心下さい。暑くなるまでもう少し、健脚を楽しませてもらえそうです。

C166
2010年4月 高須神社
(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0048】501形補助ステップ 501号も改造

先に【0042】でお伝えしました補助ステップ、501号にも実施されています。月初には出ていたようです。
仕様は505号の時と変化はなさそうです。画像は山側上り方から見たもので、【0042】と併せてご覧いただくと、光電管の流し方がご確認いただけると思います。

501east

2010年4月 東粉浜
(画像の無断転載はお断りします)

他の501形の様子は未確認ですが、504号が先頃から入場(そろそろ重検の時期と思います)しているようですので、こちらの出場時にも注目してみたいと思います。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

【0047】とあるファントリップ

旧聞になってしまいますが、4月4日の日曜日、お世話になっている趣味の集まりで、阪堺電車沿線の撮影と散策を主題とした例会が実施されました。桜がちょうど見頃になっており、思い思いに楽しいひとときを過してまいりました。半分だけですが、貸切電車も楽しませていただきました。

例年は地元メンバーと友人関係等でささやかに行われているのですが、今年は関東、広島等各地から先輩方がお見えで、ちょっと異例の展開になりました。皆さん揃って口にされるのは、やはり堺市内、あるいは阪堺電車そのものの今後の話題でした。
参加された方、みなさんが路面電車暗黒時代を目の当たりにされた人ばかりです。路線の大半を失った町、苦難を乗り越え国内ライトレールの旗手に進化した町、いろんな町にお住まいの方から、堺の動向は注目を集めているんだと痛感させられた一日でした。

「アンタら、しっかりせーよ」

そう励まして下さった方に、この秋、少しでも明るい返事を届けたいものです。ぶっちゃけ、泣いても笑ってもあと数ヶ月ですので、できるだけの事はやってみたいと思っています。

C505

2010年4月 御陵前
(画像の無断転載はお断りします)

505hm
2010年4月 車両区
(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

| | コメント (0)

« 2010年4月4日 - 2010年4月10日 | トップページ | 2010年4月18日 - 2010年4月24日 »