« 【0248】チン電ラッシュ!NHK「てっぱん」 書籍にも登場 | トップページ | 【0250】SAVVY12月号 日帰り電車の旅特集に阪堺電車 »

2010/10/26

【0249】ママ鉄特集に阪堺電車 ファミリーWalker11月号

妙齢の女性から相次いで「チン電載ってるでー」とのご注進をいただきました(笑)。
一児のママから紹介されたのは、ファミリーWalker です。
=======================
誌名:月刊ファミリーWalker 11月号(関西版)
特集名:「ママ鉄&子鉄の関西鉄道ウオッチングガイド」
発売日:2010年 10月 24日
特別定価(税込): 500円
雑誌 02415-11
発行元:角川マーケティング 
カドカワマーケティング様サイト>ファミリーWalker>関西
https://family.walkerplus.com/sns/
=======================
表紙は櫻井翔さんで、この子カッコええなぁ等と言いながらページを繰っていきますと・・・。

Fw
出典:上掲図書
(解像度調整していますが、問題ありましたら対応いたします。また画像の無断転載はお断りいたします)

特集のトビラから、いきなりチン電が登場! C#354@天王寺駅前です。

新幹線、交通科学博物館、梅小路蒸気機関車館、和歌山電鐡、嵯峨野トロッコ、アンパンマン特急とメジャー所が並んでいる中で、阪堺電気軌道は堂々見開き2ページを獲得しております(^^)。

特集内で沿線スポットとして紹介されているのは下記

・浜寺公園(子供汽車、他)@浜寺駅前
http://www.osaka-park.or.jp/rinkai/hamadera/main.html

・カスガベーカリーさん@東湊
朝方から撮影の際よく利用します
http://www.kasugabakery.com/

・喫茶「松波」さん@寺地町
電車の見える喫茶店です
http://matsunami.live-luck.com/

・かん袋さん@寺地町
もはや語るまでもなく
http://www.kanbukuro.co.jp/

・鉄道喫茶「あびこ道」さん@我孫子道
ハンバーグが美味
http://www.tetsudocafe.com/

・ドルチェポアールさん@姫松
電停から徒歩5歩と記されています(^^)
http://www.poire.co.jp/news/2009/07/7open.php

記事内には電車の写真も多数配されており、501(黄雲)、701(青パンダ)、504(復元ツートン)、502(都電色)165(本線色)などが登場、特筆すべきはⅤ字の164も掲載されている事でしょうか。なので最新の取材である事が伺えます。この他、鉄道ビュースポットとして浜寺公園付近の本線との交差箇所が登場。海道畑がメジャーデビューしてしまいました(^^;。結構マニアックな選定ですが、ここは春のサクラが綺麗です。また山之口のマルミベーカリーさんの「チン電パン」も紹介されているなど、阪堺電車ファンには極めてポイントの高い内容になっております。
http://www.sakai-tcb.or.jp/spot/spot.php?id=321&bk=1

ママ鉄さんは今、空前の盛り上がりを見せているのではないかと思います。まずは安全に気をつけて、どんどん沿線に来ていただきたいと思います。お子様と共に、街と電車のファンになってくれればと願っています。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0248】チン電ラッシュ!NHK「てっぱん」 書籍にも登場 | トップページ | 【0250】SAVVY12月号 日帰り電車の旅特集に阪堺電車 »

阪堺電車よもやま話」カテゴリの記事

コメント

こんな本がでていたとは知りませんでした。
早速書店へ行ってみようと思います。
SAVVYの特集も見てみたいです。

カスガベーカリーさんの名前にびっくり!!
1977~81年の間、東湊に住んでいまして。
懐かしいやらうれしいやら(^^)
今度ぜひ伺おうと思います。

投稿: あさひ | 2010/10/28 13:56

あさひ様、みなさん、こんにちは。コメントをありがとうございます(^^)。
レスが遅くなり申し訳ありません。

あさひ様とは、はやし、エムとかでニアミスしていたかも知れませんね(^^;。私はカスガさんの向かい位の写真屋さんに、よくお世話になっていました。いつも、また阪堺線の写真かぁと言われてましたけど。
当時の東湊というと、東映がゲーセンに変わったりして、堺東への集中の波を強く浴びていた時期のように思います。「おれらのガシは東湊や」等と抵抗勢力していたものですが(^^;、30年経っても駅の周辺が根強く踏ん張っているのを嬉しく思っています。これは電車が残っているからじゃないのかな、というのは欲目だけではないと思うのですが・・・。

ママ鉄の皆様の勢いには感心させられる事しきりです。先の164号電車のイベントの時も、熱心に撮影されている方を何人も見かけました。電車好きの子供さんにとって、親御さんのご理解は何よりの味方ですし、その中で得てきた記録や記憶は、時間が経つほどに大きな財産になるのではないかと、私自身の経験からも思っているところです。お子様ともども、電車とその沿線での楽しい思い出をたくさん作っていただきたいと思います。いろんな思い出を積み重ねて坊やが大きくなる頃、近くに元気なチン電の姿があれば、それが何よりうれしい事なんですけど。

当ブログに、ようこそお越しくださいました。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: K生@管理人 | 2010/11/04 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0248】チン電ラッシュ!NHK「てっぱん」 書籍にも登場 | トップページ | 【0250】SAVVY12月号 日帰り電車の旅特集に阪堺電車 »