« 【0215】NHK朝ドラ:阪堺電車登場 | トップページ | 【0217】大道筋:保線準備? »

2010/10/02

【0216】チン電を用いたロケーションサービス

「てっぱん」は今から半年に亘り放送されます。阪堺電車と沿線の良さを、全国にアピールしていただきたいものです。
阪堺電車はロケ等にも用いられる機会が多く、とても全部はフォローしきれないのですが、近年で記憶に残る事例をご紹介しておきます。

●ありがとう、オカン2008年(関西テレビ)
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2008/08-259.html
主演は大竹しのぶさん。関西テレビの開局50周年記念で話題になった番組で、この時も161形が大量に出演しました。松虫のホームが舞台の一つになっており、駅名標は「南天下茶屋」と記されていました。放送日直前には阪堺電車で、巨大広告ステッカーを掲出した電車も運転されています。

●あなたの人生お運びします2003年(毎日放送)
http://www.tbs.co.jp/ohakobi/contents.html
ほぼ毎週、阪堺電車が登場して話題となったドラマです。主演は藤原紀香さんで、北天下茶屋のホームに降り立ったカットが印象に残っています。やはり161形が多用されましたが、貸切電車を走らしての阪堺線空撮シーン等もあり、放送局の勢いに感心した記憶があります。

●浪花少年探偵団 2000年(NHK)
http://www.nhk.or.jp/drama/archives/naniwa/story/7_off1.html
第7話で大和川電停から我孫子道にかけてがロケ地となりました。山田まりあさん主演。車庫内では174号電車を用いた幻想的な演出が行われていました。登場した174号のカットボディは後に、深井の喫茶店でお店の看板として活用されています。

●映画「大阪物語」(1999年 東京テアトル)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E7%89%A9%E8%AA%9E_(1999%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)
監督は市川準さん。ミヤコ蝶々さんの好演が印象深い作品でしたが、阪堺電車も度々登場します。
一般には池脇千鶴さんのデビュー作として知られているようです。彼女が佇んでいた綾ノ町電停上りホームのベンチは、今もそのまま残っています。

南海グループでもロケ誘致に力を入れており、直近の例は南海ロケーションサービス社のサイトで確認できます。

南海ロケーションサービス様サイト>ロケーション紹介>路面電車
http://www.nankai.co.jp/groupinfo/location/spot/romen/index.html

電車や沿線が持っている雰囲気には、結構価値があるようです。普段は身近すぎて見落としそうな視点を、テレビの画面が気付かせてくれるかも知れません。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0215】NHK朝ドラ:阪堺電車登場 | トップページ | 【0217】大道筋:保線準備? »

チン電のポテンシャル」カテゴリの記事

阪堺電車よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0215】NHK朝ドラ:阪堺電車登場 | トップページ | 【0217】大道筋:保線準備? »