« 【0150】住吉大社:神輿洗神事 | トップページ | 【0152】「鉄道ファン」誌 日本の超低床路面電車 連載2回目 »

2010/07/27

【0151】まっぷるマガジンの阪堺電車記事

先日の乗車中、「のんびりおでかけん」を持った外国人の方のグループに遭遇しました。
何気なく接触(^^;してお伺いしますと、通天閣で気付いて購入されたようです。持っていたガイドブックに阪堺線の事が乗っていた由です。
グループ本体は中国からお越しとの事で、ツアコン役の方は日本の方ですが、関東から引率に出向かれているとの事でした。お仕事の関係か何かのようです。宿泊は南霞町との事でした。
沿線は無案内なので、と尋ねられましたので、氷くるみ餅の事をお伝えすると超好反応で、時間的にココを最優先とし、刃物会館、ちくま蕎麦さん、山口邸、住吉大社、ポアールさん等をお伝えしておきました。かん袋さんに間に合ったかが気になりますけど。

その時お持ちだったガイドブックが気になったので、確認して先ほど購入してきました。
========================
掲載誌:まっぷるマガジン 大阪遊ビ地図
記事名:いま 阪堺電車がおもしろい!
発行日:2010年02月15日
定価(税込):500円
ISBN 978-4-398-36394-0
発行元:昭文社
昭文社様サイト>まっぷるマガジン 大阪遊ビ地図
http://ec.shop.mapple.co.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=004005000022&search=%C2%E7%BA%E5&sort=
========================

昭文社さんというと関西の会社というイメージがあったのですが、この本は他所から大阪に来る方の視点で作られているようです。大阪市内の各エリアが見開きで紹介されており、阪堺電車は、なんば、新世界、日本橋、天王寺に続くコラムとして、やはり見開き2ページにて登場しています。
沿線の店舗紹介は、かん袋さん、ポワールさん(この2件は載ってたのか(^^;)の他、住吉の末廣堂さん、北畠のフォルマさん。また名勝として住吉大社、与謝野晶子生家跡、千利休屋敷跡等が掲載されています。
沿線全体としてスポットがランダムに登場していますが、本書は本来大阪市内が対象となっているので、市域外で登場しているのは堺の阪堺電車沿線だけ、というのは興味深いところです。

この種のガイドブックに、阪堺電車はしばしば登場しています。地元の人間はなかなか手に取らない種類の本ではありますが、チン電は存在そのものが訴求材料になっている事を示す例でもありますので、折に触れて注目していきたいと思います。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0150】住吉大社:神輿洗神事 | トップページ | 【0152】「鉄道ファン」誌 日本の超低床路面電車 連載2回目 »

チン電のポテンシャル」カテゴリの記事

沿線の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0150】住吉大社:神輿洗神事 | トップページ | 【0152】「鉄道ファン」誌 日本の超低床路面電車 連載2回目 »