« 【0136】資料あれこれ(2) | トップページ | 【0138】堺市:市長会見テキスト版 »

2010/07/07

【0137】資料あれこれ(3)

========================
記事:戦前・戦後の堺のまちづくり
筆者:芝村篤樹
掲載:フォーラム堺 第十集(2004年03月刊)
発行:堺都市政策研究所
価格:1048円+税
========================
財団法人堺都市政策研究所様サイト>フォーラム堺
http://www.sakaiupi.or.jp/book10.html

ユニークな切り口で地元文化を紹介されているフォーラム堺、ほぼ毎号購入していますが、何年経っても心に残っているのがこの記事です。特に印象的だったのは、ラストの一文。

「現在、堺市ではさまざまな形の試みが行なわれています。中略)しかしおそらく、まだ高度経済成長時代に受けた傷を充分癒しきれていないというのが現状です。そこからいかに脱却するか、これは結局のところ、今の日本全体の閉塞した状況を脱却するのと同じことがいえると思います。」

「」内、上掲図書から引用)

富山をはじめ、コンパクトシティという言葉が脚光を浴びている昨今ですが、それを高品位に実現していたのが往時の堺市だったのだろうと思います。戦後は一貫して成長拡大を図ってきた結果、よくある町のラージサイズになってしまった的な印象は、常に付きまとっている気がします。発展は発展で悪くない話なのだろうと思いますし、その中で私自身も育って来た訳ですけれど、元々に存在したものが価値があっただけに惜しいというか、サッカーで言えば高得点を狙いすぎて、自陣ゴールを放り出してしまっていたみたいな残念さを拭いきれない思いがあります。

先の市長会見では、「中心市街地の衰退が、阪堺にとってダメージになった」というご発言がありました(2010年6月30日会見 32分10秒頃)

これは電車そのものというより、その沿線、街のアイデンティティ的なものへのダメージを指すものかと私は解釈していますが、それを現職の市長さんの言葉として聞けた事は、少し救われたような気もします。

芝村先生の稿は数年前のものですが「閉塞した状況」は今も続いているようです。堺においては阪堺線が「高度経済成長時代に受けた傷」を癒すキッカケになればいいのですが。というか、これが失敗した場合、堺の傷が治癒不能に陥りはしないかとの懸念も感じたりしているのですが。

フォーラム堺は天牛書店などでも在庫しているのを見かけます。ご興味のある方は、どうかご一読ください。
資料紹介は、また追っていろいろと。気長にお待ちください(^^;。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0136】資料あれこれ(2) | トップページ | 【0138】堺市:市長会見テキスト版 »

公共交通」カテゴリの記事

資料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0136】資料あれこれ(2) | トップページ | 【0138】堺市:市長会見テキスト版 »