« 【0131】阪堺線支援策:感想(2) | トップページ | 【0133】天王寺駅前-浜寺駅前 直通復活1周年(2) »

2010/07/06

【0132】天王寺駅前-浜寺駅前 直通復活1周年(1)

7月4日、天王寺駅前-浜寺駅前の直通運転復活から1周年を迎えました。
この天-浜直通系統は1955年、住吉交差点の改良工事完工直後の7月16日改正から実施され、1973年4月改正で休止されるまで、好評を博していたものです。

C201
1957年頃 東天下茶屋-北畠 印画所蔵:K生
(画像の無断転載はお断りします)

様々な試行錯誤の末、待望の復活を見たのが昨2009年7月改正でした。阪堺分離後、何度も復活が企図されつつ断念せざるを得なかった計画の実現に、多くの阪堺電車ファンが歓呼の声を上げたものです。知人のN先輩は始発から浜寺に駆けつけた由。私も勤務終了を待ちかねて電停にダッシュしたものでした。

Ayanocho
2009年7月 綾ノ町
(画像の無断転載はお断りします)

この改正は会社トップのリーダーシップのもと、路線活性化への労使協調によって実現したものと伺っています。実際に浜寺駅前で眺めていますと、折返し時間は最大5分程度しかないようです。下り大道筋の信号状況によっては運転士さんも大変な事と拝察しますが、どの電車も手早くエンド交換し、再び天王寺に向かって走っていく姿を頼もしく見つめています。

C505
2010年2月 浜寺駅前(海道畑)
(画像の無断転載はお断りします)

この1年間、いろんな事がありました。ありすぎた感さえありますが(^^;。阪堺線に関しては、見た限りの乗客は多少なりとも増えているとの感触を受けています。天-浜復活の定着も有効に作用しているものと思います。次の1年、また次の1年と、元気になっていくチン電の姿を見つめる記念日になればいいなと願っています。

※1枚目の201形の写真は、先年古書店にて入手したものです。ご撮影者様等の詳細をご存知の方は、是非ご教示をお願いいたします。往時の南海軌道線について、いろいろと教えていただけましたら・・・と願っております。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0131】阪堺線支援策:感想(2) | トップページ | 【0133】天王寺駅前-浜寺駅前 直通復活1周年(2) »

阪堺電車よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0131】阪堺線支援策:感想(2) | トップページ | 【0133】天王寺駅前-浜寺駅前 直通復活1周年(2) »