« 【0120】両備:小嶋社長のメッセージ(1) | トップページ | 【0122】路面電車まつりの模様が公式サイトでも »

2010/06/26

【0121】両備:小嶋社長のメッセージ(2)

「エコ公共交通大国おかやま構想」に関連して、寄せられた意見に対する小嶋社長の見解も発表されています。直近で注目したい例がありましたので、ご紹介します。

両備ホールディングス様サイト>社長室から(2010/05/21)
エコ公共交通大国おかやま構想のお客様からの貴重な声
http://www.ryobi-holdings.jp/company/president/index.html#22

路面電車環状線化構想に関するもので、試験的にバスを環状線化運行してみては、という提案に関するものですが、これに社長直々に回答されています。

============================

大変大事なご質問なので私自身がご回答することにしました。

1.専用軌道の路面電車とバスの根本的違いは定時性の確保です。
2.専用軌道とバスの違いは見える化の違いです。
3.路面電車とバスの違いは輸送力です。
4.エコロジーの違いです。
5.街づくりの差別化です。

============================

(上記サイトより項目を引用)

関西では岡山電気軌道、あるいは和歌山電鉄のイメージが強いかと思いますが、両備グループの主力事業はバス部門です。
鉄軌道主体とされる事業者が同じ事を言っても、なかなか理解してもらえない事もあるようです。バス主体の会社であるにもかかわらず、基幹路線は専用軌道の路面電車で行くと、両備ではトップが明確に意思表示をされている事実を、ここは冷静に受け止めてみたいと思います。

3006

1984年4月 岡山電軌 岡山駅前
(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0120】両備:小嶋社長のメッセージ(1) | トップページ | 【0122】路面電車まつりの模様が公式サイトでも »

公共交通」カテゴリの記事

存廃問題」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0120】両備:小嶋社長のメッセージ(1) | トップページ | 【0122】路面電車まつりの模様が公式サイトでも »