« 【0109】都電色502号 車内でもPR相互乗り入れ掲示中 | トップページ | 【0111】堺市:専門家ワーキンググループと庁内委員会の資料について »

2010/06/14

【0110】「ものの始まりなんでも堺」ツアー 162号を起用

既報【0064】の阪堺電車利用ツアー「ものの始まりなんでも堺」が、6月11日の金曜日に実施されました。主催は南海電気鉄道営業企画課です。
私は日程の都合がついたのが先月末で、電話した時点で既に満席との事でした。仕方がないので電車のお尻を追いかける事に(^^;。午前のチラ見だけお伝えします。

少し早めに沿線に出ると、カメラを持った方が何人か。平日ながら注目の高い行事だったようです。
ちなみに当日見かけた161形出庫車は、165、168、170、172など。上町・阪堺とも8時台に入庫となったようです。

イベント充当車は162号。9時前に我孫子道を出たようです。天神ノ森で待っていると、ご参加の方を乗せて下ってきたのは9時20分頃。撮影はポジ基本でしたので、デジの画像は後ろ姿だけ。既に宮ノ下付近にかかっています。

162a

2010年6月 天神ノ森
(画像の無断転載はお断りします)

後続の電車で我孫子道に到着。車庫を遠望すると・・・。あ、256おるやん(^^)。
もと京都市電の電車、電動貨車も加えて、電車の紹介が行なわれていたようです。やっぱり参加したかったなぁ。直前まで営業に出ていた172号も、併せて並べられていたようです。

162b_2
2010年6月 車両区(公道から望遠レンズ)
(画像の無断転載はお断りします)

車庫での目玉だった洗車体験ツアーは、外部からは見えませんので私は堺に向かう事に。車内から車庫を覗くと、162号は庫内に留置されていました。ここから洗車線に移動したものと思います。トラバーサも使用されたのかも知れません。ますます羨ましいなぁ(^^;。

綾ノ町で待っていると、10時半頃に162号が通過(今回も画像ありません)。車内では阪堺電車の営業課の方が、沿線の案内をなさっている声が聞こえてきました。綾ノ町の下りホーム、左にカーブしている屋根が、大道筋拡幅前の様子を残している事の説明をされていたようです。歴史的な財産にスポットを当ててPRされているのは嬉しい限りです。次回ペンキを塗りたいという声が最も強く寄せられているのも、ここ綾ノ町の下りです。

162c
2010年6月 綾ノ町
(画像の無断転載はお断りします)
東側に振れた上屋。昭和30年代初頭まで、このカーブに沿って阪堺線は走っていました。大道筋東側の歩道付近に相当するようです。

162d
2010年6月 綾ノ町
(画像の無断転載はお断りします)
綾ノ町の下りホーム、自販機裏手には嵩上されていない部分が残っています。石積みの立派なホームです。この状態が確認できるのは、全線でもここだけだと思います。

ツアーの行程は、このあと大小路から市内の銘店、名所を巡る事となります。私もアナゴ食べたかったですが(^^;。
とりあえず盛況で何よりです。次回があれば、何とか参加してみたいものだと思いつつ、上りの回送電車を見送りました。

162e
2010年6月 東湊-御陵前
(画像の無断転載はお断りします)

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0109】都電色502号 車内でもPR相互乗り入れ掲示中 | トップページ | 【0111】堺市:専門家ワーキンググループと庁内委員会の資料について »

南海電車・バス」カテゴリの記事

車両」カテゴリの記事

阪堺電車よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0109】都電色502号 車内でもPR相互乗り入れ掲示中 | トップページ | 【0111】堺市:専門家ワーキンググループと庁内委員会の資料について »