« 【0105】ワーキングブースから御礼~第12回路面電車まつり~(5) | トップページ | 【0107】写真展示(2)「特別企画」について »

2010/06/14

【0106】写真展示(1)「日本の新型路面電車」について

ご要望をいただきましたので「路面電車まつり」での写真展示について、ご紹介させていただきます。
この展示はお世話になっている趣味団体で、毎年テーマを定めて企画しているもので、ワーキングとは無関係です。構成には私K生も関わらせていただいている、という立場になります。

M001j
2010年6月 車両区
(画像の無断転載はお断りします)

本年の写真展示、テーマは2つありまして、1つ目が「日本の新型路面電車」でした。他都市の電車の動向については、例年の路面電車まつりでも、来場された方からご質問、ご要望が寄せられる事が多かったものです。
撮影は、当ブログでもお世話になっているHo様によるものです。今回の展示では「電車と街の様子がよく判る写真を」と、いささか無理なお願いを申したのですが、全国をフットワーク良く駆け回っておられるHo様だけあって、期待以上の作品を寄せて下さいました。またキャプションについては、これも趣味団体でお世話になっているNi様にご協力をいただきました。内外の路面電車情勢について博識で知られ、若手研究者の旗手と目される両氏のお力添えにより、厚みのある展示ができたものと思っています。

今回紹介させていただいた作品は12点、都市と車両は下記の通りです。

熊本市交通局 9700形
岡山電気軌道 9200形
伊予鉄道 2100形
土佐電気鉄道 100形
長崎電気軌道 3000形
万葉線 1000形
広島電鉄 5100形
富山ライトレール 0600形
函館市交通局 9600形 
鹿児島市交通局 7000形
東京都交通局 8800形
富山市環状線 9000形

1997年、熊本市が導入した9700形から、日本の超低床路面電車の歴史がはじまりました。以来十数年、着実に進化と成長を続けながら、新型電車は全国各地に登場しています。今回紹介できなかった路線にも、多数の新車が入っていますし、熊本、広島、鹿児島等、2世代目の超低床車を迎えた都市も出てきています。今回の展示では、新型車の姿の良さもさる事ながら、ランドマークとして街並みに溶け込んだ路面電車の様子に興味を示されるご意見も多数頂戴いたしました。

キャプション検討の際、Ni様、Ho様には、路線維持や新車導入にあたっての公的な支援体制の変遷についての調査をお願いしました。自治省の英断による補助でスタートした熊本9700、公共交通と環境、バリアフリー問題の「走る広告塔」「体験施設」との位置付けから、自治体独自の補助により事業者の負担を軽減させた土佐電100形、行政が購入した車両を事業者に無償貸与とした万葉線1000形など、様々な事例を思い出させていただきました。現在では「LRTシステム整備費補助」が確立され、「地域公共交通総合連携計画」適用時には、50%までを国に負担してもらえる体制が整っています。
10年少々の期間で、これだけのシステムが整備されるのは異例の事ではないかと思います。一部の趣味や郷愁だけで、国の制度が動くものではありません。インフラたる路面電車への新車導入は、相応の妥当性を備えている施策である事、それが必要とされる程度に、公共交通や街のあり方が危機に瀕している事に、今回の企画を通じて改めて気付かされた次第です。

坊や「この電車、なに?」
パパ「チン電のラピートや」
坊や「なんで阪堺に無いのん?」
パパ「大阪、遅れてんねん」

会場で聞いた、この会話が忘れられないのですが(^^;。
以前は確かに縁遠い存在だった新型車ですが、今は支援システムの方が阪堺電車に近づいてきてくれた、そんな時代になっています。坊やが少し大きくなる頃、チン電にもイメージリーダーとなる車が登場する日が来る事を願っています。

M002j
2010年6月 車両区
(画像の無断転載はお断りします)

当日展示をご覧くださいました皆様、どうもありがとうございました。
またNi様、Ho様はじめ、ご協力いただきました方々に、厚く御礼申し上げます。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0105】ワーキングブースから御礼~第12回路面電車まつり~(5) | トップページ | 【0107】写真展示(2)「特別企画」について »

沿線の話題」カテゴリの記事

資料」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

コメント

「チン電のラピート」の駄作数点を提供させていただきました。少しでもお役に立てたようで光栄です。

私もいわゆる「撮り鉄」ですが、路面電車の場合は車両もさることながら、まちの景色と一緒に撮ることで「路面電車の走るシーン」がひとつの風景画のようになれば、というコンセプトで撮っています。その姿がかっこ良く見えれば、「まちの景観」として絶対美しいはずだと思っています。

補助制度についても、ここのところ疎かにしていたもので、それを整理する良い機会に恵まれたと思います。仰るように、以前に比べて補助制度が充実していることに心強く感じました。

投稿: K.Horikiri | 2010/06/19 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0105】ワーキングブースから御礼~第12回路面電車まつり~(5) | トップページ | 【0107】写真展示(2)「特別企画」について »