« 【0050】705号も出場 | トップページ | 【0052】玉出変電所 増築工事? »

2010/04/16

【0051】601号塗替:チンチン電車を愛する会

601号が塗装変更されて出てきました。スポンサーは従来同様「堺のチンチン電車を愛する会 支援広告」ですが、意匠が変更されており、水色ベースに街の緑を配して塗装。これに円形のラッピングで市内の名所があしらわれる形になっています。地元協賛団体、企業名もラッピング処理のようです。
注目点は市内名所群の中に、161形のイラストが登場した事でしょう。従来にも電車をイメージした図案はいくつかありましたが、リアルな形で現有形式がデザインされたのは初めてだと思います。

601cm
2010年4月 東玉出
(画像の無断転載はお断りします)

チンチン電車を愛する会では発足以来広告電車が実施されていますが、これらは同会が直接スポンサーとなるのではなく、「チンチン電車を愛する会を支援します」という企業、団体の協賛によって実現しているのは、実車をご覧になった方はご存知だと思います。
この支援要請が実現しているのは、同会が堺市の関係公社を母体にしている事が効果を発揮していると思われます。この種の協賛は民間の団体が要請しても、なかなか応じてもらえるものではありません。これはワーキング等の活動をしていても、常に痛感させられているものでして、仮に担当者に趣旨を理解していただいても、一介の民間団体に対し、企業に組織として対応していただくまでにはハードルが多々ある訳で・・・。

そういった点からも意味のある「堺のチンチン電車を愛する会」の形成母体と活動については、昨秋以降の堺市の変動で、一部には継続を危ぶむ声もあったようですが、新年度も無事、新しい広告電車が登場してきました。なんとか阪堺線を残したいという竹山市長の意向もあっての事だと思われます。阪堺線が正念場を迎える今年度、「堺のチンチン電車を愛する会」の一層の活躍に強く期待を寄せたいところです。

C601new

2010年4月 東玉出
(画像の無断転載はお断りします)

例年ですと、塗装変更車の一両として眺めてしまいがちなケースですが、今年の601号については、独特の感慨を持って接する事になりそうです。長く印象に残る広告車になるのかも知れません。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0050】705号も出場 | トップページ | 【0052】玉出変電所 増築工事? »

存廃問題」カテゴリの記事

車両」カテゴリの記事

阪堺電車よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0050】705号も出場 | トップページ | 【0052】玉出変電所 増築工事? »