« 【0038】過去からの提言(1) | トップページ | 【0040】大和川電停 移設工事進捗状況 »

2010/03/27

【0039】過去からの提言(2)

この記事が出された1981年は、南海軌道線が阪堺電軌に分社された翌年にあたります。当時は国鉄再建に向けての議論が盛んだった事もあり、鉄軌道事業における路線分社の行く末に、若干の不安感が感じられていた時代であったという印象があります。また路面電車の世界では、いわゆる軽快電車が登場し(広島、長崎)、長く続いた暗黒時代から、トラムウェイ復権の曙光がさし始めた時期・・と今では定義付ける事ができますが、リアルタイムで見ていた阪堺線ファンにとっては、広島、長崎は別格の存在という意識があったのも事実。前年の平野線廃止という痛恨事を受けての分社でしたので、これからチン電どないなるんかな、という感覚は私にもあった様な気がします。
この記事も、当時の地元の危機感から生れた面もある風で、なぜ分離が必要となったのか、合理化は路線切捨てにつながるのではないかといった不安感が感じられるものになっています。堺市民の間では「阪堺線を守る会」という組織も結成され、南海電鉄に分離の意図を確認されたとの記述も見られます。

これに対し、発足直後の阪堺で活躍された大窪専務(後に社長に就任されました)は、「阪堺線を積極的に生かすため(の分社)」「はしにも棒にもかからない線なら、こんな手間はかけない」と言明されています。記事掲載時点では冷房車ゼロ、大道筋の電停はほぼ全てが露天状態だった阪堺線ですが、その後数年の間に積極的な改善策が実施され、その決意が事実だった事が裏付けられています。広告塗装やイベント電車の展開など、一時は分社経営の好例とも称された阪堺電車でしたが、90年代後半からの公共交通全体(大手を含)の乗客減少傾向や連結決算の導入は想定外だったのかなという感しきりです。分社スキームに一種の限界が感じられる一方、南海電鉄グループ内のコンテンツとしてチンチン電車をアピールする動きが見られているのは活性化への一つのヒントになりそうです。他にはないコンテンツとしての活用法は、地元や行政でも援用可能な部分があるのではないでしょうか。

「もし堺の町からチンチン電車がなくなったら、あとは殺ばつとして埋め立て地のコンビナートと、まとまりのないさびれた町並みだけになってしまう。道路中央を、グリーンベルトに囲まれて走る緑やオレンジ色の電車は、堺の町のシンボルなのです」

上記「阪堺線を守る会」世話人の方のご見解です。これを30年前の意見として処理してしまうのは簡単ですが、「殺伐」と「まとまりのなさ」については、以後どんどん加速してしまっている堺市に思えるのは私だけでしょうか?

(参考:朝日新聞大阪本社 1981年6月21日付朝刊 「」内 記事引用箇所)

偶然入手したスクラップブックで得た情報でしたが、泉陽高校のレポートと、阪堺線を守る会のご活動については、いま非常に興味を持っております。詳細をご存知の方は是非ご教示をお願い申し上げます。

Book
画像解像度は落としてありますが、問題がありましたら対応いたしますのでお申し付け下さい。

※コメントをいただける場合はカテゴリー「コメントの前に(必読) 」をご覧下さい。

|

« 【0038】過去からの提言(1) | トップページ | 【0040】大和川電停 移設工事進捗状況 »

チン電のポテンシャル」カテゴリの記事

存廃問題」カテゴリの記事

資料」カテゴリの記事

コメント

泉陽高校はさすがですね。感心します。三国丘のOBの市長さんにもしっかりしていただきたいですね。
ところで、スクラップブックを偶然入手されたとの事、他に何か面白いものがありましたら、また書き込んでください。

がんばってくださいよ! 応援してますよ。

投稿: ダイジロー | 2010/03/29 12:37

ダイジローさん、みなさん、こんにちは。

泉陽高校の提言、本当にすばらしい見解だと思います。時代背景を考えると驚異的な冷静さです。このままワーキング提言書のトップページに貼り付けても、何の違和感もないでしょう。

当方も泉陽に行けてたら、夢の阪堺線通学ができたばかりか、堺の才媛・沢口靖子氏をセンパイとお慕いできていたのかと惜しまれますが(^^;、宿題を放って電車ばかり見ていた中学生にとっては、近所にあっても遥か彼方の泉陽高校でありました(^^;。

スクラップは本当に偶然なんです。つい先日のぞいた古書展で発見したもので、30冊くらいが一山で並べられていたという。その中に「南海人」といって、南海電鉄さんの社内報の古い記事の切り抜きが2冊あって、平野線廃止の頃の話題が載っていたので、最初はこの2冊だけ買おうかと思ったのですが、店主さんが一括販売なんですとの事で、値段を聞くと諭吉1人だと(^^;。当初は諭吉3人だったのを、会期終了なので値下げされた様子で、これなら一冊あたり300円位だし、まーえっかと思い、段ボール2箱を下げて帰った次第です。

改めて見ると、昭和40年代から丹念にスクラップされていた様子で、この記事覚えてるわーというのが幾つもあって、読んでると時間がどんどん経っていきます。南海軌道線の記事も、70年代からいろいろ検討されていた事をうかがわせる話が載っていて、なかなか参考になります。また追ってご紹介させていただこうと思っています。

こういう趣味をしてますと、時々、コレは資料の方から寄ってきてくれたのか?と思う出来事もあったりするのですが、今回は正にそれを感じました。新聞紙が「オレを使わんかい」と言ってるような(^^;。なので早速ブログで紹介させていただいた訳でした。元のオーナーは相当なベテランの方と思いますし、ひょっとしたらご家族が整理されたのかも知れないなと思ったりもしますが、折角ウチに来てくれた資料なので、長く大事に活用させてもらおうと思っています。

余談ばかり長くなりましたが、当ブログに、ようこそお越しくださいました。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: K生@管理者 | 2010/03/29 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【0038】過去からの提言(1) | トップページ | 【0040】大和川電停 移設工事進捗状況 »